1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 血液内科
  5. 血液疾患
  6. 寒冷凝集素症と新薬への期待

【連載】最新情報がわかる! 学会・セミナーレポート

寒冷凝集素症と新薬への期待

  • 公開日: 2022/9/14

2022年8月3日、「国内初・唯一の治療薬「エジャイモ」寒冷刺激で起こる『寒冷凝集素症』のアンメットニーズと展望」と題した、サノフィ主催のメディアラウンドテーブルが開催されました。ここでは、西村純一先生(大阪大学大学院医学系研究科血液・腫瘍内科学)の講演「寒冷凝集素症と新薬への期待」をレポートします。


寒冷凝集素症(CAD)とは

 寒冷凝集素症(cold agglutinin disease:CAD)とは、自己抗体の一種である寒冷凝集素によって溶血性貧血を引き起こす、希少血液疾患の一つです。基礎疾患を認めない特発性(一次性)と、何らかの基礎疾患を認める続発性(二次性)とに大きく分かれますが、一般的には特発性が多いとされています。

CADの疫学

 溶血性貧血は、自己免疫性溶血性貧血(autoimmune hemolytic anemia:AIHA)、発作性夜間ヘモグロビン尿症(paroxysmal nocturnal hemoglobinuria:PNH)、先天性の大きく3つに分類され、約半数をAIHAが占めます1)

 AIHAはさらに、温式AIHA、CAD、発作性寒冷ヘモグロビン尿症(paroxysmal cold hemoglobinuria:PCH)に分かれ、そのうち4%の患者さんがCADと考えられています1)

 2020年のデータによると、日本におけるCAD患者数は60歳代後半から70歳代にかけてピークを迎え、男女差は認めません2)

CADの病態

 寒冷凝集素は冷式抗体のため、身体の末端部などの低温下で活性をもちます。ひとたび寒冷凝集素が活性化すると、多くの赤血球を引き付けて凝集が発生する(赤血球凝集)のと同時に、補体の結合と活性化が起こります。

 身体の末端部で活性化した寒冷凝集素は、血中温度が37℃程度の体幹に移動すると活性を失い赤血球から離れますが、補体の活性は維持されます。補体が結合・活性化した赤血球は、マクロファージ(主に肝臓に存在するクーパー細胞)に貪食されることから、血管外溶血に至ります。

 また一部では、補体の終末経路が活性化され、細胞膜侵襲複合体を生じる場合があります。この複合体は赤血球を直接溶血する作用をもつため、血管内溶血を来たします。

CADの症状、合併症

 CADの症状は、「寒冷曝露下の赤血球凝集によって起こる末梢循環障害に伴う症状」と「溶血による慢性貧血」に大きく分けられます。

 具体的に、前者では先端チアノーゼ、レイノー現象、末梢の感覚障害、皮膚の網状皮斑、皮膚潰瘍などがみられ、後者では貧血、疲労感、虚弱、労作時呼吸困難などを認めます。これら以外にも、溶血が血管外で起これば黄疸が、血管内で起こればヘモグロビン尿の症状が出現します。

 そして、CAD患者さんの生命予後に最も影響を及ぼす合併症として忘れてはならないのが、血栓塞栓症です。欧米では静脈系の血栓塞栓症が多く3)、日本では動脈系の血栓塞栓症が多い2)という違いはありますが、いずれにしても、CAD患者さんに起こりやすいことがわかっています。

 血栓塞栓症の発生率は冬が高い傾向にありますが、統計的にはほかの季節と大きな差はなく、四季を通じて発症するといえます2)

CADの診断

 CADを含む溶血性貧血を診断する際は、まず、症状や検査結果などから溶血の有無を確認します。溶血性貧血であれば、広範囲の直接クームス試験を実施し、AIHAであるか否かを確認しますが、陽性が認められた場合はさらに特異的試験にかけて鑑別を行います。補体に強く反応し、寒冷凝集素価が≧64倍であればCADと診断します。

CADの治療法

非薬物療法

 非薬物療法としてポピュラーなのは、寒冷曝露の回避と保温です。患者さんに転地療養(暖かい地域への移住)を提案することもありますが、効果の程度は人それぞれで、亜熱帯地域にも重症患者さんは存在します。

 非常に強い貧血を認める場合は輸血を行いますが、輸血は免疫学的機序による副作用や感染性の副作用を伴うこともあります。また、冷たい血液をCAD患者さんに注入すると凝集が起こり、補体が活性化するおそれがあるため、輸血セットは温めておくなど十分な注意が必要です。

 ほかに、急性期や低体温法が必要な手術時には血漿交換が実施されることもありますが、効果は一時的です。

薬物療法

 薬物療法として最も一般的なのがステロイド療法です。ただし、有効性は限定的で特発性CADには推奨されていません。リツキシマブ単独療法やリツキシマブ+ベンダムスチン併用療法も多くのCAD患者さんに対して行われていますが、保険適用外の治療です。

 このように、CADの適応で承認された治療法がないなかで登場したのが、「エジャイモ」です。エジャイモは、CAD患者さんの溶血を抑制する目的で開発された薬剤で、日本人を含めた成人特発性CAD患者さんを対象とした国際共同第Ⅲ相試験において、その有効性及び安全性が確認されたことから、2022年6月に「寒冷凝集素症」を効能又は効果として承認されました。

 なお、CADを含むAIHAは指定難病です。エジャイモのような新規の薬剤を使用する場合は認定を受けて、医療費助成などのサポートを得る必要があります。指定難病の認定基準は、厚生労働省が示す重症度分類(表)とリンクしており、Stage3以上が認定の資格があるとされています。

 エジャイモの登場により、今後、CAD患者さんのQOL向上が期待されます。

表 AIHAの重症度分類

Stage 1軽症薬物療法ならびに輸血を必要としない
Stage 2中等症薬物療法が必要で、ヘモグロビン濃度10g/dL以上
Stage 3やや重症薬物療法または輸血が必要で、ヘモグロビン濃度7~10g/dL
Stage 4重症薬物療法および輸血が必要で,ヘモグロビン濃度7g/dL 未満
厚生労働科学研究費補助金 難治性疾患等政策研究事業:特発性造血障害に関する調査研究班自己免疫性溶血性貧血診療の参照ガイド 令和1年改訂版.p.10.(2022年9月8日閲覧)http://zoketsushogaihan.umin.jp/file/2020/09.pdfより引用

引用文献

1)大野良之:溶血性貧血.平成 11 年度報告書(特定疾患治療研究事業未対象疾患の疫学像を把握するための調査研究班).2000,31-88.
2)Kamesaki T,et al:Demographic characteristics, thromboembolism risk, and treatment patterns for patients with cold agglutinin disease in Japan.Int J Hematol 2020;112(3):307-15.
3)Broome CM,et al:Increased risk of thrombotic events in cold agglutinin disease: A 10-year retrospective analysis.Res Pract Thromb Haemost 2020;4(4):628-35.

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

インスリン発見から100年~治療の飛躍的進歩と残された課題~

2022年6月7日、東京丸の内の鉄鋼カンファレンスルームにおいて、エムベクタ合同会社による糖尿病ケアセミナーが開催されました。エムベクタ合同会社は糖尿病ケア専門企業として設立された会社です。今回はセミナーのなかから、日本糖尿病協会理事及び那珂記念クリニック院長を務める遅野井健

2022/8/25

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
6位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
7位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
8位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
9位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636