1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 透析・腎臓内科
  5. 腎疾患
  6. 慢性腎臓病(CKD)・腎不全
  7. 第1回 腎不全看護における看護師の役割

【連載】腎不全看護

第1回 腎不全看護における看護師の役割

  • 公開日: 2009/5/27

1 CKD対策と透析医療の現在

腎不全医療は、診療科や治療の場を選ばず、多くの専門職が協働するチーム医療です。最近の傾向としてあげられるのが、透析患者さんの高齢化や糖尿病透析患者さんの増加です。

末期腎不全の治療の選択では、血液透析療法、腹膜透析療法、腎移植の3つの方法の他に、「何もしない」という選択肢も考えられるようになり、チームとしてのあり方も拡大し、さまざまに検討されています。

看護師は新たな治療法や生活としての透析療法を考えた患者さんの支援、そして安全・安楽な統制維持などに関連した知識、技術、経験が必要です。そのポイントについてお示しします。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

CKD看護にあたってコーチングを学んでみたいあなたへ

※「研修を受けたら即、使えるわけではない」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 看護師がコーチングのスキルを身につけるには 資格認定制度とスキルの獲得  CKD患者の生活を支えるための指導には、専門的な知識・技術・コミニュケーションス

2020/1/19