1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. 災害看護
  6. 災害時の看護ボランティア活動の知恵袋 ~発災後1ヶ月程度まで~

災害時の看護ボランティア活動の知恵袋 ~発災後1ヶ月程度まで~

  • 公開日: 2011/3/17

~発災後1カ月程度まで~

1)準備

  1. ●自己完結型の準備 服装:身軽、安全、着脱しやすい、腕章;看護ボランティアと分かるもの 物品:生活必需品(寝袋・食料・水 等) 活動必需品(地図、コミュニケーションツール等連絡手段、医療器具(血圧計、聴診器等)、記録用紙等)
  2. ●災害の種類・時期に応じた服装・必要物品の準備 ex.水害の場合:軍手・ゴム手袋・ゴーグル・マスク・目薬・うがい薬・長靴など 夏場の活動:熱中症対策(帽子、梅干し、塩 等)
  3. ●ボランティア保険の確認
  4. ●活動期間の考慮(相手との関係性や疲労面を考え1週間程度での交代が望ましい)
  5. ●家族、職場など自分の周りの調整

2)情報収集

情報収集内容

  1. ●被災地域の状況
  2. ●支援体制(下記2 被災地状況のアセスメントを参照に事前に得られる情報)
  3. ●アクセス先(自分が現地のどこへ行くか) ⇒対策本部・ボランティアセンターの設置の有無、位置などを確認する

情報収集先

  1. ●個人的ネットワーク(知人・友人)
  2. ●保健所・役場・保健センターなどの行政
  3. ●全体的な状況把握には対策本部を活用

情報収集手段

  1. ●電話、インターネット、ラジオ、新聞 等

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

DPAT(災害派遣精神医療チーム)

 災害派遣精神医療チーム(disaster psychiatric assistance team:DPAT)とは、集団災害が発生したときの被災地域の精神保健医療ニーズを把握したり、専門性の高い精神科量の提供などの活動を行うために、都道府県および政令指定都市によって組織さ

2018/7/21