1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 看護管理・教育
  5. 災害看護
  6. DPAT(災害派遣精神医療チーム)

【連載】医療・看護用語のDATABASE

DPAT(災害派遣精神医療チーム)

  • 公開日: 2018/7/21
  • 更新日: 2020/3/26

 災害派遣精神医療チーム(disaster psychiatric assistance team:DPAT)とは、集団災害が発生したときの被災地域の精神保健医療ニーズを把握したり、専門性の高い精神科量の提供などの活動を行うために、都道府県および政令指定都市によって組織されるチームのこと。

 厚生労働省のウエブサイトに活動要領が掲載されています。

参考:https://www.mhlw.go.jp/seisakunitsuite/bunya/hukushikaigo/shougaishahukushi/kokoro/ptsd/dpat130410.html


DPAT解説マンガ
(クリックして拡大)

イラスト/森マサコ

*もっと詳しい解説が読みたい方は下記にお知らせください。今後の記事制作の参考とさせていただきます。
https://nursepress.jp/enquete/e379b1ab88f11a4d911aa7a51a23ee/

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

コンパートメント症候群とは

コンパートメント症候群とは  コンパートメント症候群は、筋区画症候群ともいわれ、その名のとおり、骨、筋膜、筋間中隔などでかこまれた区画の内圧が、打撲などの外傷を原因として上昇し、その中にある神経、血管、筋肉が圧迫されて神経麻痺や筋組織の壊死を大須ことをいいます。

2018/6/24