1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 出血

出血

出血関連の記事の一覧です。

出血には体外で起こるものと、胸腔内・腹腔内・後腹膜腹腔内など体内で起こるものがありますが、どちらの場合であってもショック状態に移行する可能性があるような大量出血には即座に対応しなくてはなりません。出血がみられる場合、圧迫が可能な部位であればまず圧迫止血を行います。圧迫が難しい部位に関しては、手術で止血することも考えなければなりません。ショック状態は生命の危機に直結します。出血によるショックで一番にすべきことは、出血源の止血処置です。必要があれば細胞外液の輸液や輸血を考慮しましょう。

出血 記事カテゴリ

「出血」の記事一覧

8件/8件

04_子どもの成長発達を踏まえ 点ではなく線で見てかかわる大切さ【PR】

03_輸注記録に書かれていることだけでなく 患者さんの生活背景を把握する【PR】

02_在宅治療で重要となるアドヒアランスの向上を目指して 輸注記録の情報を役立てる【PR】

01_医療者がしっかり輸注記録に目を通すことが 患者さんの治療継続につながる【PR】

これからの血友病治療における課題と看護師の役割―血友病治療のさらなる向上のために―【PR】

出血のメカニズムとケアのポイント

【出血性ショック】検査値の看護への活かし方

出血性ショックとは? 症状と看護のポイント