1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. インアウトバランス
  5. 出血のメカニズムとケアのポイント

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

出血のメカニズムとケアのポイント

  • 公開日: 2014/7/17
  • 更新日: 2020/3/26

IN/OUTバランスが崩れると、さまざまな症候があらわれ、何らかの治療が必要になってきます。

IN/OUTバランスと関係の深い病態である出血への理解を深め、的確なケアに結びつけましょう。


出血でショックになるとき

出血でもっとも注意が必要なのは、ショックになる可能性がある大量出血です。

目に見える出血

頭皮外傷や、動脈損傷の場合などに大量出血の恐れがあります。この場合、何をさておきすぐに止血処置を行います。

目に見えない出血

胸腔内・腹腔内・後腹膜腹腔内などがあり、これらも大量出血を起こす恐れがあります。また、長管骨の骨折でもかなり出血する場合があり、大腿骨では、片足だけで約1L出血するとされています。

出血=ショックではありませんが、止血できなければ当然ショックになります。つまり、ショックにならないように、早期から出血への対処をしなければならないということです。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

これからの血友病治療における課題と看護師の役割―血友病治療のさらなる向上のために―【PR】

血友病治療ではチーム医療が重要です。昨今、個別化治療が血友病でも取り上げられているなかで、看護師は患者さんに近い存在として、患者さんの生活環境の変化、薬の使用状況、出血状態にいち早く気づくことができ、モチベーションの向上にも貢献できます。 血友病治療の最前線で活躍する医

2017/8/12