1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 悪心・嘔吐
  5. 嘔吐・下痢のメカニズムとケアのポイント

【連載】IN/OUTバランス わかるとこんなにイイコトが!

嘔吐・下痢のメカニズムとケアのポイント

  • 公開日: 2014/7/16
  • 更新日: 2021/1/5

IN/OUTバランスが崩れると、さまざまな症候があらわれ、何らかの治療が必要になってきます。
IN/OUTバランスと関係の深い病態である嘔吐・下痢への理解を深め、的確なケアに結びつけましょう。


嘔吐・下痢の主な原因疾患

嘔吐を来す主な疾患

  1. 感染性胃腸炎
  2. イレウス
  3. 頭蓋内圧の亢進
  4. 急性心筋梗塞

私の所属している救命救急センターでは、手術後で腸が動かない人や、鎮静剤や筋弛緩剤で腸管蠕動が止まったため嘔吐する人など、治療行為に合併した嘔吐も経験します。

下痢が起きる疾患

  1. 胃腸炎
  2. 炎症性腸疾患
  3. タンパク漏出性胃腸症

などがあります。また、中毒にはあえて下剤を入れて体外へ排泄させる必要があるため、医原性の下痢もあります。

嘔吐・下痢の検査と治療

経口摂取ができればよいのですが、嘔吐・下痢をしているとなかなかできないため、やはり輸液治療が有効です。

嘔吐では、胃液が失われます。胃液は塩酸であり、H+イオンとClイオンが失われ、代謝性アルカローシスになるため、クロール(Clの含有量が多い生理食塩水で補正していくことになります。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

下痢の看護|種類・観察項目・看護計画など

下痢とは  下痢とは、何らかの原因で便の水分量が多くなり、液状に近い便を排出する状態をいいます。一般的に、普通便の水分量は70~80%ですが、80~90%で泥状便、90%以上になると水様便となります。 下痢の種類  下痢の主な種類と原因は次のとおりです。 浸透

2021/1/1