1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 基礎生理学
  5. 第22回 電解質―クロール

【連載】看護に役立つ生理学

第22回 電解質―クロール

  • 公開日: 2015/10/12
  • 更新日: 2020/3/26

血清の電解質濃度を調べる際に、Na(ナトリウム)、K(カリウム)とともにセットで測定されるCl(クロール)濃度。皆さんはこのClについて、どれだけのことを知っているでしょうか? 

「いつも採血項目に入っているけれど、何のために測っているのかわからない」という人も多いでしょう。頻繁に話題にのぼる陽イオンの裏側で活躍する、Clを中心とした陰イオンの世界を覗いてみましょう。



細胞外液の主要イオンとしてのCl

体液にはプラスの電荷を持った陽イオン(カチオン)と、マイナスの電荷を持った陰イオン(アニオン)がほぼ同数存在して、電気的な中性を保っています。陽イオンも陰イオンも、いくつもの種類からなっており、細胞の内外でその組成が大きく異なります(図1)。

細胞外液と細胞内液のイオン組成解説イラスト

図1 細胞外液と細胞内液のイオン組成

通常の採血検査で測定されるのは血漿、つまり細胞外液の一種であり、「私たちの体は食塩水のようなもの」などと一般に言われるときは、この細胞外液を指しています。食塩(塩化ナトリウム)は、その名前や化学式(NaCl)が示すとおり、Na(ナトリウムイオン)とCl(クロールイオン)が結合したものです(図2)。

Clは食塩の「半分」を担う元素

図2 Clは食塩の「半分」を担う元素

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第42回 エストロゲン・ゲスターゲンと月経周期

4ホルモンの推移と卵巣周期  性周期とは、前回紹介した4種のホルモンがどのように推移するのかが核心であると言ってよく、いよいよその詳細を追いかけてみましょう。そのためには、いったん視床下部と子宮のことは忘れて、しばらくは下垂体と卵巣の相互作用に集中すると理解しやすく

2016/5/1