1. トップ
  2. 看護記事
  3. すべての連載
  4. 13ページ目

すべての連載

記事数:3

"2016年6月11日~12日、第25回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会が石川県金沢市で開催されました。12日には、ランチョンセミナー「脆弱な高齢者の皮膚を守る~スモールチェンジエアマットレスの有効性~」が行われ、現在の超高齢社会において看護師が知っておくべきこと、そして新しいケアの可能性が提示されました。"

記事数:3

"2016 年5月 24 ~ 26 日、第53 回日本小児外科学会学術集会・第24 回アジア小児外科学会が開催されました。「『わ』をもって尊しとなす―小児外科医療の和・輪・倭―」というテーマのもと、24 日に行われたランチョンセミナー「こども病院・患者家族団体・医療機器メーカーが協同して行う小児在宅医療へのアプローチ」では、在宅での胃瘻栄養管理をスムーズに行うためのエッセンスが紹介されました。その模様をレポートします。"

記事数:10

"連載「がん化学療法による副作用のケア」の記事一覧です"

記事数:13

"消化器ケアに必要な基礎的な知識をはじめ、臨床でケアをする際に困るであろうことについて、手順や対応策を解説します。"

記事数:4

"連載「呼吸器に強くなる!」の記事一覧です"

記事数:3

"連載「経管栄養剤による「排便コントロール」改善への取り組み」の記事一覧です"

記事数:2

"嚥下状態が低下しはじめた高齢者に対し、在宅現場でできる栄養管理の工夫について、地域に密着して口腔歯科領域の治療・ケアを行う「口腔リハビリテーション多摩クリニック」の菊谷院長と、日々訪問看護にあたる「コスモス訪問看護ステーション」の所長、鈴木さんが対談します。"

記事数:3

"入院時に必要な物品がまとまったCS(ケア・サポート)セット。株式会社エランが提供するこのサービスを全面的に導入し、感染予防をはじめ、看護師の業務効率の改善、患者さん・家族の負担軽減に大きな効果があった嘉麻(かま)赤十字病院の事例を、看護部の皆さんにお聞きしました。"

記事数:1

"イレウス(腸閉塞)といっても、狭窄していたり、閉塞していたりと病態はさまざまです。また、悪化すると腸が壊死してしまうこともあり、早期の対応と継続した観察が必要となります。この連載では、イレウス(腸閉塞)には、どのような種類があるのか、リスクのある患者さんはどんな人なのか、またどんなところに気をつければよいのかなど、知っておきたい基礎知識を解説します。"

記事数:2

"連載「腹水について知ろう!」の記事一覧です"

記事数:5

"患者さんに苦痛を与える吸引は、できるだけしないに越したことありません。しかし、そのためには、加湿や理学療法について理解し、効果的に実施できるようになることが必要です。この連載では、「吸引を前提にしない」は排痰ケアを効果的に行うために見直したい手技のポイントを、理学療法のメカニズムとともに解説します。"

記事数:16

"連載「見直そう! CKD・透析ケア」の記事一覧です