1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 環境整備
  5. どこまで必要? 病室の環境整備

【連載】500人のギモン&お悩み徹底解決

どこまで必要? 病室の環境整備

  • 公開日: 2012/1/30

病室の環境整備も何をどこまで行えばいいのか、迷ったことはありませんか。何をどこまでやるのかを考えるときに、感染管理の視点から考えると環境整備のポイントもわかってきます。


Q. マットレスやカーテンの交換、床頭台などの清掃はどのくらいの頻度でどのように行えばよいですか。

A. 病室の環境整備も感染管理の点から清掃を行います。

カーテンについて

カーテンは低頻度接触表面とされているので、洗濯洗浄でよいとされます。しかし、ベッドサイドでの処置で患者さんの体液や血液などが飛び散っている 可能性があるうえ、看護師も頻繁に接触するので、汚染度は高いと考えます。汚れが目立ってから交換するケースもあるようですが、それ以外にも定期的に交換することをお勧めします。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

環境整備とは|看護師が行う意義と目的、方法~根拠がわかる看護技術

【関連記事】 * 第10回【環境管理編】環境整備の実施回数は多いほどいい? * 清拭の目的と看護師が行う意義、手順 * ベッドメイキング 見直そう! 5つのポイント 環境整備の意義・目的  病室は、患者さんの治療の場であるとともに生活の場です。

2018/4/5