1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. カテーテル
  5. 膀胱留置カテーテル
  6. 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ

【連載】その手技にはワケがある!

膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ

  • 公開日: 2016/1/12
  • 更新日: 2021/2/5

尿失禁や便失禁、排尿困難、便秘などに対する処置・ケアは日々行っていることでしょう。
また、同様の処置を手術前に行うことも少なくありません。しかし、これら排泄ケアは、意外にも苦手と思っている看護師が多いようです。
これらの手技の根拠を知って、安全・安楽・安心に自信を持ってケアを行いましょう。


排泄ケアのリスキーポイントを知ろう!

排泄ケアは、患者さんに羞恥心や苦痛が伴うケアであるため速やかな実施が求められます。看護師側にとっても、粘膜に触れる手技が多く、感染に対する注意が必要です。

特に、膀胱留置カテーテルの挿入と管理、導尿や摘便、浣腸については、安全な手技と感染に対する注意が必要です。
導尿や膀胱留置カテーテルの挿入と管理において注意が必要なのは、無菌的操作と患者さんの疼痛緩和です。
苦痛を与えないように配慮しながら、いかに尿路感染症や尿道損傷などの合併症を防止・軽減するかが大切です。

今回から2回に渡って膀胱留置カテーテルのポイントについて解説します。
1回目は、膀胱留置カテーテルの挿入・固定についての根拠を解説します。

膀胱留置カテーテルの挿入・固定のポイント

女性患者さんの場合は、挿入前に洗浄・消毒をする

導尿を行う場合、尿道やその周りの陰部の皮膚に付着している細菌が、挿入したカテーテルから膀胱内に入り込むと、尿路感染のリスクが高くなります。
そのため、カテーテルを挿入する前に、患者さんの陰部を十分に洗浄・消毒することが大切です。

特に、女性の場合は、尿道口と肛門の位置が近いので感染リスクが高まります。必ず尿道口側から肛門側に向けて拭くようにします。
このとき、同じ綿球を使い続けると、消毒面積が広いため、綿球に付着した汚れが次の清拭場所に付着してしまいます。部位ごとに綿球を替え、感染リスクを低下させましょう。

また、消毒薬にかぶれる患者さんもいるので、終了後には消毒薬を拭き取るとよいでしょう。

男性に対するカテーテル挿入の際には陰茎を立てる

男性患者さんへの膀胱留置カテーテル挿入の場合は、片手で陰茎を持ち上げ、患者さんの身体に対して陰茎を垂直に立てるようにします。

これは男性患者さんが臥床した状態では、腹様部尿道と尿道陰嚢角の2カ所が、大きくカーブしているためです。
陰茎を垂直に立てることで、振子部尿道から腹様部尿道までが、なめらかな曲線になり、カテーテルが挿入しやすくなります。

また、挿入時に患者さんに口から息を吐いてもらうと、尿道括約筋が弛緩し、挿入しやすくなります。
ただし、実際には、男性患者さんの導尿は男性看護師や医師が行うことが多いので、女性看護師は正しい手技を理解し、実施者がこのようにできるよう介助しましょう。

男性患者さんはカテーテル固定を上向きにする

男性患者さんの場合、陰茎を上向きに固定し、尿道のカーブによる圧迫を防ぎます。
もし、下向きに固定してしまうと、尿道陰嚢角をカテーテルで圧迫し、血行障害や尿道損傷を起こす可能性があります。
そのため、必ずカテーテルを上向きにして、下腹部に貼った台紙に、テープで固定します。

テープかぶれを起こす場合もありますので、肌に優しいテープ、患者さんに肌に合ったテープを選択するようにしましょう。

男性患者さんの膀胱留置カテーテルの固定方法説明イラスト

カテーテルはゆとりを持たせて固定する

カテーテルのテンションにゆとりがないまま固定していると、体動のたびにカテーテルが引っ張られることになります。
そうすると、カテーテルが抜けやすくなったり、尿道粘膜がカテーテルの摩擦により損傷される危険性があります。
粘膜に損傷があると、感染のリスクも高まるため、避けるようにします。

基本的に、男性は下腹部に、女性は大腿部内側にカテーテルをテープで固定しますが、ゆとりを持たせて、全周をテープでくるんで台紙に貼り付けるようにします。
固定が長期間にわたる場合は、カテーテルの圧迫による皮膚損傷およびテープによる皮膚障害を予防するため、適宜固定場所を変えます。

次回も引き続き排泄ケアの根拠について解説します。

(『ナース専科マガジン』2011年8月号より転載)

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

膀胱洗浄の目的と手順〜根拠がわかる看護技術

関連記事 * 【尿道留置カテーテル関連編】一番効果のある感染防止策は? * 陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術 膀胱洗浄とは  膀胱洗浄とは、主に膀胱留置カテーテルを留置中の患者さんを対象として、カテーテルを使用して膀

2018/3/11

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675
9位

セルフケア不足の看護計画|高齢による認知機能低下がみられ

高齢による認知機能低下に関連したセルフケア不足  認知症と診断されていなくても認知機能の低下を認めることがあり、その度合いによって日常生活に支障をきたすことがあります。なんらかの疾患により入院し...

313002
10位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974