1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 呼吸器科
  5. 呼吸器科の看護技術
  6. 人工呼吸器
  7. 人工呼吸器のモード
  8. サクッとわかる! SIMVの概要と2つの観察ポイント

【連載】これだけできれば大丈夫! 病棟で必要な人工呼吸ケア

サクッとわかる! SIMVの概要と2つの観察ポイント

  • 公開日: 2014/5/17
  • 更新日: 2020/3/30

人工呼吸器のモードは患者さんの呼吸状態に合わせて設定されます。

一般病棟でよくみられる換気モードには「A/C」「SIMV」「CPAP」があります。

今回は「SIMV」の概要と観察ポイントについて解説します。


SIMV(同期的間欠的強制換気)とは

SIMVは主に自発呼吸が現れ始めた患者さんに使用されます。

徐々に設定換気回数を減らし、自発呼吸を温存することによって、人工呼吸器への依存度を少なくして、ウィーニングへと近づけることができます。

自発呼吸が設定した換気回数を下回る場合

A/Cと同じく強制換気を行います。

自発呼吸が設定した換気回数を上回る場合

補助換気は行なわないため、過換気になる危険性がありません。ここがA/Cと異なる点です。

続いては、「SIMV使用時の観察ポイント」について解説します。
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

「スタンバイ」にした人工呼吸器の開始忘れ

 「スタンバイ」のまま患者に人工呼吸器を装着したため、換気されなかった事例が4件報告されています(集計期間:2006年1月1日~2009年10月30日、第18回報告書「個別のテーマの検討状況」に一部を掲載)。   「スタンバイ」の状態では、換気が行われていません。

2019/1/3