1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 検査値
  5. 腎機能をみるために必要な検査データって?

【連載】検査値Q/A

腎機能をみるために必要な検査データって?

  • 公開日: 2016/2/6
  • 更新日: 2021/1/6

症状の鑑別に必要な検査値について、よくあるギモンに答えます。


Q 腎機能をみるために必要な検査データって?

A 老廃物の排泄や濾過機能を評価する数値に注目!

腎機能をみる主要な検体検査データは、尿検査による尿蛋白尿沈査尿潜血、血液検査による血清クレアチニン(Cr)尿素窒素(BUN)電解質などです。

腎臓にはおもに次のような働きがあり、それが障害されることでさまざまな症状が出現します。

  1. 血中の老廃物・有害物質を除去する 血液中のBUN、Cr、尿酸などの不要物質を濾過し、尿として排出
  2. 細胞外液量や浸透圧を調節する
  3. 水・電解質代謝の平衡を維持する
  4. 酸・塩基平衡を調節する
  5. ホルモンを産生する 血圧のコントロール(レニン・アンギオテンシン系)、骨髄での赤血球の産生(エリスロポエチン)、活性型ビタミンD3の生成に関連するホルモンなどを産生

(『ナース専科マガジン』2013年8月号から改変利用)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

糖代謝の異常値はココを見る!

ul.section-nav{display:none;}  日常の看護の中でよく目にする検査値のことをきちんと理解していますか。毎日チェックするのは特定の項目ばかりで、そのほかは自信がない……、そんなことはないでしょうか。確かにいつもの検査項目の異常値がわかれば、すぐに困

2018/12/2