1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 老年看護
  5. 下痢のとき、 まずどうする?下痢しやすいおもな薬剤

【連載】高齢者ケアの「困った!」を解決!

下痢のとき、 まずどうする?下痢しやすいおもな薬剤

  • 公開日: 2014/7/26
  • 更新日: 2021/1/5

A 原因によって対処が異なるので、原因を見極めます

下痢の主な原因には、以下4つがあります。

浸透圧性下痢:未消化の大量の食物等により腸壁から大量の水分が分泌する

②滲出性下痢:細菌やウイルスにより腸粘膜が炎症を起こす

分泌性下痢:難治性潰瘍などにより消化液の分泌が亢進する

腸管運動異常:腸管運動が亢進・低下する

②の場合は、原因となる毒素を早く排出させることが優先されるので、下痢を止めず、脱水に注意しながら、原因となる感染症等の治療を行います。発熱の有無、あるいは血液データ(CRP)によって確認します。

①、③、④のときは、下痢を止めることを考え、薬剤の使用や食事制限を行います。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

下痢の看護|種類・観察項目・看護計画など

下痢とは  下痢とは、何らかの原因で便の水分量が多くなり、液状に近い便を排出する状態をいいます。一般的に、普通便の水分量は70~80%ですが、80~90%で泥状便、90%以上になると水様便となります。 下痢の種類  下痢の主な種類と原因は次のとおりです。 浸透

2021/1/1