1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 電解質異常
  5. 【高マグネシウム血症】原因・症状・治療ポイント

【連載】代表的な電解質異常を学ぼう!

【高マグネシウム血症】原因・症状・治療ポイント

  • 公開日: 2014/8/1
  • 更新日: 2020/3/26

高マグネシウム血症の原因

血清Mg濃度が2.7mg/dl以上のときに診断されます。Mg過剰の原因には、腎機能障害による腎排泄の低下大量のMg摂取の2つがあります。

最も多いのがGFR 30ml/分以下の腎不全で、このほか腎機能が低下した高齢者などでも起こりやすくなります。

高マグネシウム血症の原因

高マグネシウム血症の原因

高マグネシウム血症の症状

高Mg血症は、軽度では症状が出現しません。血清Mg値が5mg/dlを超えると、嘔吐や筋脱力、傾眠、徐脈、低血圧などがみられ、12mg/dl以上になると、意識混濁・消失や呼吸筋麻痺が生じ、心停止に至ることもあります。

また、深部腱反射の低下は高Mg血症の指標となります。心電図上では、PR間隔の延長が特徴的です。

高マグネシウム血症の治療ポイント

軽度の高Mg血症では、生理食塩液とループ利尿薬の点滴静注で尿中Mg排泄を促して補正します。

重度で呼吸抑制や心障害がみられるときには、緊急処置が必要になります。症状緩和の呼吸補助を行い、Mg拮抗薬を点滴静注します。

腎不全でMgを排泄できない場合には、Mgを含まない透析液での血液透析を行います。

ケアのポイント

  • 心停止や呼吸障害などの重篤例も考えられるので、心電図、呼吸状態、バイタルサインの経過観察が重要です。
  • 腎機能が低下している場合、Mgを含有する緩下剤や制酸薬を多用していると、高Mg血症が起こることがあります。
  • 腎機能に問題がなければ、Mg投与の中止によって改善されます。

【臨床でみられる代表的な症例】
腎不全の患者さんがMg含有の薬物を服用した。

【電解質異常のまとめ記事】
電解質とは?身体のしくみと電解質異常

【関連記事】
* マグネシウムの調整機序
* 【低マグネシウム血症】原因・症状・治療ポイント

(『ナース専科マガジン』2014年8月号から改変引用)