1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. カテーテル
  5. 膀胱留置カテーテル
  6. すぐに使える!尿道カテーテルを1人で挿入する場合の3つのコツ

【連載】看護の素朴なギモン

すぐに使える!尿道カテーテルを1人で挿入する場合の3つのコツ

  • 公開日: 2014/9/5
  • 更新日: 2020/10/22

元看護師のメディカルライターが、看護の素朴なギモンに答えます。

今回は、「尿道カテーテルを1人で挿入する場合のコツ」です。


今回の素朴なギモン

「尿道カテーテルの挿入は、挿入者と介助者の2人で行うことがほとんどですが、まれに1人で行なわなければならないときがあり、緊張してしまいます。1人で尿道カテーテルを挿入するときに、活用できるコツを教えてください。」

コツ1 過不足なく使用物品をそろえる

2人の場合、必要物品を忘れても1人が取りに行き、もう1人は準備・処置を進めておくことができます。

しかし1人の場合は、自分で取りに行かなければならず、以下のような弊害が生じてしまいます。

  1. 患者さんを待たせてしまう
  2. 装着した滅菌手袋を無駄にしてしまう
  3. 開封した滅菌物から目を離すことになってしまう

※続いては、「コツ2」について解説します。
>> 続きを読む