1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 点滴・輸液
  5. 輸液製剤
  6. 電解質輸液製剤とは?「電解質輸液製剤」の種類を知っておこう!

【連載】輸液ケアを極める!

電解質輸液製剤とは?「電解質輸液製剤」の種類を知っておこう!

  • 公開日: 2015/4/13
  • 更新日: 2020/3/26

電解質輸液製剤について解説します。


関連記事
第7回 【輸液の種類】細胞外液補充液と維持液類の特徴
【輸液製剤】誰もが経験する「コアリング」って?
混注による配合変化、3つの危険と2つの原因

3つの輸液製剤

輸液製剤は、目的により大きく以下の3つに分けられます。

  1. 血漿増量剤など・・・循環血液量の保持
  2. 電解質輸液剤、糖質輸液剤など・・・水分・電解質を補って脱水を改善
  3. 高カロリー輸液剤、脂肪乳剤、アミノ酸輸液剤など・・・栄養補給

日常的によく用いられるのは「電解質輸液製剤」です。

人間は水や塩分(電解質)、栄養を摂取し、体液の組成や量を一定に保って体を維持しています。

しかし、大量の出血や嘔吐、下痢などで細胞外液が失われたり、水分や電解質、栄養の経口摂取が難しかったり、不十分である場合、それらを補給するために輸液を用います。

電解質輸液製剤とは?

電解質輸液製剤は、

  1. 細胞外液補充液(等張電解質輸液)
  2. 維持液類(低張電解質輸液)

に分けられます。

>> 続きを読む