1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 点滴・輸液
  5. 輸液製剤
  6. 希釈液の濃度計算を攻略する!

【連載】今さら聞けない! 基礎看護技術をおさらい

希釈液の濃度計算を攻略する!

  • 公開日: 2018/1/1
  • 更新日: 2020/3/26

目次


希釈液の濃度を求めるのは、%やmlなど単位の違う数字が出てくるため、一見すると複雑に思われがちです。しかし、コツさえつかめば簡単に計算することができるため、いろいろなケースに対応できます。

まず、前提として1%とは100ml中に1gの物質が溶けている状態を指します。「○%溶液」と出てきたときは、100ml中に○gの物質が溶け込んでいるということです。

また、倍液を作るときは

1(原液)+99(希釈水)=100(100倍液)
という考え方をします。
○倍液を作るために原液の○倍の希釈水を使う、とすると間違った計算になってしまいます。

濃度計算のコツ~まずはこのやり方を覚えよう~

(例)10%塩化ナトリウム水溶液を用いて、0.2%塩化ナトリウム溶液を500ml作るために必要な10%塩化ナトリウム水溶液量は何mlか。
※この問題の場合、原液は10%塩化ナトリウム水溶液ということになります。

濃度を対比して求める方法

10%塩化ナトリウム水溶液を0.2%塩化ナトリウム水溶液にしているので

10÷0.2=50

50倍に希釈していることになり、もともとの原液の量は1/50であることがわかります。そのため、塩化ナトリウム水溶液500mlを作るのに必要な原液は

500÷50=10

となり、答えが10mlとなります。


そのほかの計算方法

濃度(%)中心に薬液量計算を行う方法
※わからない部分はXとする
※原液の濃度(%)×薬液量(ml)=希釈液の濃度(%)×希釈液量(ml)

上記の計算方法に当てはめると、10%塩化ナトリウム水溶液の必要な量がわかっていないので

10×X=0.2×500
10X=100
X=10

となり、答えが10mlと出ます。

溶質の量を求め、全体量から必要量を出す方法
まず0.2%塩化ナトリウム水溶液500mlの溶質の量を調べます。
500ml×0.2%なので

500×0.002=1

となり、0.2%塩化ナトリウム水溶液500mlの際に塩化ナトリウム1mlを使用していることがわかります。10%の塩化ナトリウム水溶液の場合は、100mlに10mlの塩化ナトリウムが含まれています。
1mlの塩化ナトリウムを得るには、どれくらいの10%塩化ナトリウム水溶液が必要かを計算すると
100:10=x:1
10x=100
x=10

となり、答えが10mlとなります。


さらにワンステップ先に進もう!

(例)10%塩化ナトリウム水溶液を用いて、0.2%塩化ナトリウム水溶液を500ml作るために必要な水分量は何mlか。

必要薬液量は上記の計算で求められます。10%塩化ナトリウム水溶液を何mlかの水で薄めて0.2%塩化ナトリウム水溶液を500mlで作っているので、もともとの薬液量がわかれば、

「作成した水溶液」―「もともとの薬液量」=「使用した水分量」

で求められます。まずは、上記の方法で「もともとの薬液量」を求めます。例文の場合では、先ほど計算したように「もともとの薬液量」は10mlですので

500-10=490

となり、必要水分量は490mlとなります。

関連記事
* 簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

新着

欠乏輸液と維持輸液の違いとは?

輸液の目的である欠乏輸液と維持輸液について考えてみましょう。 [欠乏輸液] 欠乏輸液は不足している物質を補い、内部環境を維持するために行います。不足する物質とは、水分のほか、Na、K、Ca、P、HCO3-といった電解質、ビタミンや微量元素です。 例えば、

2016/12/10