1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. コミュニケーション
  5. 接遇・マナー
  6. 【看護師のマナー】第7回 教えるとき、教わるときの姿勢

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第7回 教えるとき、教わるときの姿勢

  • 公開日: 2015/8/5
  • 更新日: 2020/10/22

▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめて読むならコチラ
看護師のコミュニケーションとマナー


先輩からのアドバイスは、確実にあなたの力に

 新人ナースのあなたから見れば、職場で起こる出来事すべてが未知の領域。学生時代には、想像もつかなかったハプニングや緊急事態が次々と舞い込んで、最初のうちはパニックに陥ってしまうかもしれません。

 でも、それは誰もが経験する壁であって、あなたに力がないわけではありません。そのために多くの病院で導入されているのが、「プリセプター」制度です。現場に早く対応できるよう、プリセプターである先輩が、1対1であなたを指導してくれるのです。

 しかし、先輩が大事なことを教えてくれているとき、肝心のあなたがボーッとしていたり、教わるのは当然のような態度をとっていたらどうでしょうか。先輩も人間ですから、気のない態度を取る後輩には「教える価値がない」と判断し、その後は用件を言い付けるだけで、仕事のポイントを教えなくなってしまいます。
>> 続きを読む