1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. コミュニケーション
  5. 接遇・マナー
  6. 【看護師のマナー】第5回 職場での敬語の使い方

【連載】ナースのための社会人マナー

【看護師のマナー】第5回 職場での敬語の使い方

  • 公開日: 2015/8/2
  • 更新日: 2021/1/6

▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめて読むならコチラ
看護師のコミュニケーションとマナー


職場での敬語の使い方

 わかっているようで、いざとなると迷ってしまうのが職場での敬語の使い方。敬語は、相手と自分の関係や立場により言い回しが変わります。ここでは、典型的で迷いがちな敬語の使い方の例をいくつか紹介しておきましょう。

 話し相手より、目上の人が話題のとき(ドクターが院長から書類を預かった)
  ⇒○○先生が、院長から書類をお預かりになったのですか?

 院長から「○○先生に待っていてくれ」と伝言を頼まれた
  ⇒院長がお待ちになるようにとおっしゃっていました

 話し相手が患者さんなどのとき(患者さんからドクターの所在を聞かれて)
  ⇒いま、回診中で席を外しております

 患者さんから質問されてわからないとき
  ⇒わかりかねますので・・・
>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【書籍紹介】看護師のための語彙力・対話力 あなたの印象と評価を変える 知っておきたい“言葉のマナー”

看護師の何気ない言葉遣いが、病院の評価や評判を決める時代に!  看護師にもホスピタリティが求められている、そう感じることはありませんか? SNSが普及した現代では、患者さんは医療サイトを見て病院選びを行うのが当たり前となっています。病院自体についてはもちろんのこと、

2019/11/7