1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第2回 急変リスクが伴う部署だからこそ、 その真価が問われる

【連載】医療安全管理室と現場、相互の高い意識が 患者さん・医療者の安全を守る

第2回 急変リスクが伴う部署だからこそ、 その真価が問われる

  • 公開日: 2015/12/13
  • 更新日: 2021/1/6
  • # 注目ピックアップ
  • # 医療安全

医療の質や安全性に対する社会的関心はますます高まり、医療安全対策は今や医療現場での最重要課題の一つとなっています。

中でも、院内の安全管理を牽引する担当部署と現場を支える多職種の関係性は、その対策の徹底を大きく左右するといっても過言ではありません。

今回は、安全対策製品の導入によって、医療安全に対する意識をより高めた成功例として、東大阪市立総合病院での取り組みを紹介します。


安全性と効率性を求める救急の現場。急変リスクが伴う部署だからこそ、その真価が問われる

 餅田さんがフィックスキット・PVの導入部署を絞り込むにあたり、まず優先したのが救急外来でした。

実際にルート確保のために同キットを使用した救急外来・主査の石川亜矢さんは、使用後の感想を次のように話します。

「ショック状態の患者さんの皮膚は湿潤しているので、通常のテープだと浮いてきてしまうのですが、フィックスキット・PVは皮膚に密着して剥がれることが少ないようです。一方で、テープかぶれやスキン︲テア(皮膚裂傷)といった皮膚トラブルも減少しています。何より迅速なルート確保が必要な部署なので、テープがセットになっていてすぐに使え、片手で固定操作ができる点はとても助かりますね」

また近年は、高齢患者さんの救急外来への搬送も増えており、認知症やせん妄によるルートの自己抜去が問題となっています。

しかし、救急搬送が重なると、認知症患者さんにつきっきりで対応することはできず、ちょっとした合間にルートが抜かれてしまうこともあります。

そのときに、しっかり密着していると剥がされにくく、その一瞬を止めることもできるのだといいます。

救急の現場は初診が多く、患者さんの情報が少ない中での対応や、状態変化の大きい患者さんがほとんどです。

「慌てているときほど事故は起こりやすいので、スタッフには緊急時はより気を引き締めてケアするように指導しています」と石川さん。

危険度のリスク評価が難しいからこそ、ルート類の安全管理は重要なのだと話してくれました。

カテーテルの固定の仕方の変化

救急外来でのカテーテル固定手順

血管を確保したら、片手でルートを保持し、もう一方の手でバッケージからフィルムドレッシングを取り出す(写真1、2)。

ドレッシングの切り込みを刺入部に合わせて貼付し、羽根型になっている部分をルートの下に差し込むように貼り合わせる(写真3)。ここで、ルートの接続部を浮かせるように山をつくるのが、密着固定させるポイント!(写真4)

ループをつくり、セット内の2本のテープで固定する(写真5、6)。

カテーテル固定写真

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

炎症性腸疾患(IBD)患者さんのセルフマネジメント~IBD患者さんを対象とした研究を読み解く~【PR】

 炎症性腸疾患(IBD)は、潰瘍性大腸炎(UC)やクローン病(CD)などの腸に慢性の炎症が起こる難病で、日本では約30万人が罹患していると言われています1)。慢性疾患において、セルフマネジメントは治療の重要な構成要素と言われているものの、IBDにおける日本での実態

2024/3/4

アクセスランキング

1位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・用語...

250751
2位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
3位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
4位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年12月8日改訂 *2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開...

250001
5位

第2回 全身麻酔の看護|使用する薬剤の種類、方法、副作用

【関連記事】 *硬膜外麻酔(エピ)の穿刺部位と手順【マンガでわかる看護技術】 *術後痛のアセスメントとは|術後急性期の痛みの特徴とケア *第3回 局所浸潤麻酔|使用する薬剤の種類、実施方...

295949
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
8位

心電図の基礎知識、基準値(正常値)・異常値、主な異常波形

*2016年9月1日改訂 *2016年12月19日改訂 *2020年4月24日改訂 *2023年7月11日改訂 心電図の基礎知識 心電図とは  心臓には、自ら電気信...

250061
9位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
10位

人工呼吸器の看護|設定・モード・アラーム対応まとめ

みんなが苦手な人工呼吸器 多くの人が苦手という人工呼吸器。苦手といっても、仕組みがよくわからない人もいれば、換気モードがわからないという人などさまざまではないでしょうか。ここでは、人工呼...

250017