1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 摂食・嚥下障害
  5. 摂食・嚥下障害患者の食事
  6. 第14回 摂食嚥下障害の臨床Q&A「家族が食べさせたいといったときどうする?」

【連載】野原幹司先生のこんな時どうする!?摂食嚥下ケア

第14回 摂食嚥下障害の臨床Q&A「家族が食べさせたいといったときどうする?」

  • 公開日: 2016/3/29
  • 更新日: 2021/1/6

本連載では、摂食嚥下障害を初めて学ぶ方も理解できるよう、摂食嚥下障害の基本とともに、臨床症状や実際の症例を通じて最新の嚥下リハ・ケアの考え方を解説します。


入院中絶飲食となっている患者さんの家族より「少しでもいいから口から食べさせたい」との相談を受けることがよくあります。経口摂取の可否を検討する際に考慮すべきポイントを教えてください。


患者さんや家族からの「食べたい(食べさせたい)」という希望は、可能であれば叶えてあげたい要求です。とはいえ、誤嚥の可能性が高い状態で経口摂取を進めてしまうと肺炎や全身状態の悪化につながってしまうのも事実です。今回は、3つのケースに分けて考えてみたいと思います。

様子を見た方が良い場合

 入院時の絶食は肺炎などの加療中であることが多く、急性症状が落ち着くまでは、治療に集中するべき時期なので基本的には禁食です。

急性症状が改善してきている場合でも、呼吸がすぐに乱れる、覚醒の状態が悪いなど、全身状態が安定していない間は、経口摂取は控えましょう。

また、吸引の回数が多い、湿性の喘鳴が聞こえるなどの唾液誤嚥を疑う症状がある場合もこれらの症状が改善するまで経過をみた方が良いでしょう。

このような場合に大切なのは、患者さんや家族に、今の状況とこれからの見通しをできるだけ具体的に説明しておくことです。

「食べられない」状態が、見通しが立たないまま続いてしまうことが、患者さんにはもっともつらい状況です。
「今は熱もあり、呼吸も乱れているので誤嚥しやすい状況です。症状が落ち着いてから食べてみましょう」や、「吸引の回数が減ってきたら一度飲み込みの検査してもらいましょう」など、なるべく具体的な期限や条件を伝えることで、患者さん(や家族)もある程度目標をもって「待つ」ことができるようになります。

また、経過観察の間は口腔ケアや間接訓練を行うことも(医学的にも、また患者さんの納得の上でも)有効です。

食べさせても良いかな? という場合

上記のような症状がない、あるいは改善傾向にあるときは、経口摂取を検討してもよい時期になったと言えます。

機会をみて主治医に食べさせてよいか(直接訓練をしてもよいか)を相談してみましょう。また、療養型病院(病床)で入院期間が長い症例では、再評価されないまま絶食の指示が継続されていることがあります(「忘れられている」という場合も・・・)。

このようなケースでは、嚥下障害が入院時と比べて改善している、あるいは嚥下訓練に応じることができる、という状態になっていることもしばしば経験します。患者さんや家族の希望があれば、それをきっかけに主治医に再評価を提案してみるのもよいでしょう。

 また、「入院中の経口摂取」というテーマからは少し外れてしまいますが、退院後に施設や自宅へ戻る予定である症例の場合は、可能なかぎり嚥下機能の(再)評価を検討しましょう。

多くの場合、施設や在宅に戻ると嚥下機能の再評価を受ける機会がほぼなくなっていまいます(近年この状況は変わりつつありますが、それでも充実はしていません)。

病院で絶食となった場合、施設や在宅に戻ってから食べさせることは現状ではかなり困難です。退院後の生活を考えて、入院中に少しでも禁食の制限が解除できるようなマネジメントをすることも大切です。

≫次ページ「経口摂取の判断に迷う、判断が分かれるケース」に続く

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【無料サンプル進呈】スーパー食物繊維配合とろみ調整食品ですっきりしませんか?【PR】

業界初!※スーパー食物繊維PHGG配合のとろみ調整食品ですっきりをサポート ※とろみ調整食品原材料調査 ネスレ日本株式会社調べ(2018年2月現在)  飲み込む力が気になる人は、食事の摂取量が落ち、栄養低下、おなかへのケアが必要となることが多々あります。なかで

2018/11/20

アクセスランキング

1位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
2位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
7位

【図解】ベッドメイキングの手順とコツ~根拠がわかる看護技

ベッドメイキングには、新しくベッドをつくる方法と患者さんが寝ている状態でベッドをつくる(シーツ交換)方法があります。ここでは基本形として、新しくベッドをつくるための手順を紹介していきます。 ...

249989
8位

採血スピッツ(採血管)の種類・順番・量~血液が足りなくな

多くの看護師が苦手な「針モノ」の手技。今回は主なスピッツの内容と必要量を紹介します。 【関連記事】 * 点滴と同じ腕(末梢から)の採血はOK? NG? * 血管が見えない患者...

250750
9位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは  気管吸引ガイドライ...

250001
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812