1. トップ
  2. 看護記事
  3. [救急医療] 8月12日~18日の熱中症による救急搬送者数は7,338人 消防庁

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[救急医療] 8月12日~18日の熱中症による救急搬送者数は7,338人 消防庁

  • 公開日: 2019/8/23
  • 更新日: 2020/3/26

 消防庁が8月20日に公表した、8月12日~18日の「熱中症による救急搬送人員数(速報値)」によると、熱中症による救急搬送人員数は7,338人で、前年に比べて2,906人多かった。4月29日からの累計は5万人を超え、5万6,514人となったが、前年に比べると2万7,108人少ない。
>> 続きを読む


 年齢区分別の搬送人員と構成比は、乳幼児(生後28日以上7歳未満)51人(0.7%)、少年(7歳以上18歳未満)728人(9.9%)、成人(18歳以上65歳未満)2,700人(36.8%)、高齢者(65歳以上)3,859人(52.6%)となり、高齢者が半数を占める状況が続いている。
 
 初診時の傷病程度は、軽症4,708人(64.2%)、中等症2,425人(33.0%)、重症131人(1.8%)、死亡7人(0.1%)などとなった。

(厚生政策情報センター)