1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護クイズ・読み物
  4. リサーチ企画
  5. 記事満足度調査|2019年3月10日~3月16日

【連載】みんなはこう考えている! アンケート結果を公開

記事満足度調査|2019年3月10日~3月16日

  • 公開日: 2019/9/18

2019年3月10日~3月16日までに公開した記事について聞きました。
今回の回答者は80人です。

この期間に公開された記事はこちら

それぞれの記事について満足度

 とても満足、やや満足、やや不満足、不満足、読んでいないの5段階に分けて、それぞれの記事を評価してもらいました。さらに一番満足した記事を挙げ、その理由を回答してもらいました。

 各記事のアンケートの結果は以下のとおりです。

ステロイド外用剤の副作用についてうまく説明できない!

 ステロイドは薬効の強弱によって、5段階(ストロンゲスト、ベリーストロング、ストロング、マイルド、ウィーク)に分かれています。最初は強いものから、だんだん弱いものに変えていき、最終的には塗らなくてもよくなるようにしていきます。毎日、同じ場所に機械的に塗っていると、副作用が出ます。この記事では、ステロイドの副作用についてまとめました。

 この記事を読んだ人の25%がとても満足していて、50%の人がやや満足という結果になりました。

 また、この記事を「一番満足した」と回答した人たちの記事への感想は以下のようになっています。
●皮膚科の入院病棟がないため、漫然と認知症の患者さんにステロイドを塗布していた経験があったため
●吸収率などわかりやすい図があり、使えそうです
●ステロイド外用剤を使用する患者さんが多い病棟のため指導の必要があったが、一年目のためどこがポイントかわからなかった。今回の記事で患者さんに伝えるべきポイントが理解できた
●ステロイドを塗るタイミングは知らなかったので、患者さんに説明するときに使えると思った。なぜステロイドを拒否する人がいるのかを書いてあれば患者さんたちがどうしてそのような思考になるのか、それに対してどう説明し納得して治療してもらえるかにつながると思いました

 ステロイドには部位によって吸収率が異なり、副作用を考える上でその特性を踏まえる必要があります。ステロイドの外用剤を活用する際に知っておくとよいでしょう。

ステロイド外用剤の副作用についてうまく説明できない!

現場で使える!英会話1分間レッスン

 この連載は看護師が外国人患者さんとかかわる際に必要になるであろう英会話の知識を解説している記事になります。

 この記事を読んだ人の20%がとても満足していて、39%の人がやや満足という結果になりました。

 また、この記事を「一番満足した」と回答した人たちの記事への感想は以下のようになっています。
●ひとつの言い方ではなく、いろいろな表現を提示してもらえているから
●症状の言い方など表現方法が詳しく記載されていた
●まず現場では教わる機会が無く、英会話スクールでも学べない専門英語が助かります
●医療的な単語使い方がわかりやすく例題で示されていた

 2020年には東京オリンピックがあります。今後、多くの外国人が増えていくことが予想されますので、医療職として必要な知識となるでしょう。

症状の聴取を英語でするには?[循環器科編83]

退院後も継続されやすい血糖値測定、指導のポイントって?

 なぜ血糖値を測定するのか? 指導する際にその理由を説明できるように知識がまとめました。

 この記事を読んだ人の22%がとても満足していて、47%の人がやや満足という結果になりました。

 また、この記事を「一番満足した」と回答した人たちの記事への感想は以下のようになっています。
●患者さんに説明するときの参考になると思った
●血糖測定が患者さん本人でできるようになること、そしてさらに安全に継続できるよう指導を行うことでセルフケアが可能になるからそのポイントがわかりやすく掲載されていたためです
●今の施設に血糖測定が必要な方々がいるが、数値で出ることで食事など意識して食べてくれる
●大抵の患者さんは自宅退院すると、血糖測定を中断しがち。納得できる指導方法が書いてあり、わかりやすく、仕事で活かせそうです

 退院後の血糖測定は患者さん自身で行ってもらう必要があります。なぜ血糖測定が必要なのか、説明できるようにこの記事を参考にしてみてください。

退院後も継続されやすい血糖値測定、指導のポイントって?


現在、実施中のアンケートはこちら → https://survey.nurse-senka.jp/

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

記事満足度調査|2019年4月7日〜4月13日

2019年4月7日〜4月13日までに公開した記事について聞きました。 今回の回答者は79人です。 この期間に公開された記事はこちら それぞれの記事について満足度  とても満足、やや満足、やや不満足、不満足、読んでいないの5段階に分けて、それぞれの記事を

2019/10/31

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
9位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
10位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812