1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 吸引
  5. 第4回 鼻腔吸引の手順を確認しよう!

【連載】吸引困難5大ケースを攻略する!

第4回 鼻腔吸引の手順を確認しよう!

  • 公開日: 2014/2/2
  • 更新日: 2021/5/31

今回は困難ケースの解説をお休みして、ここで経鼻吸引の手順について解説します。 感染対策に十分注意しながら、患者さんの苦痛に配慮して手早く行いましょう。


鼻腔吸引の準備

(1)吸引の必要性をアセスメント

バイタルサインや呼吸状態、呼吸音、SpO2、咳嗽の有無、咳嗽反射の有無などからアセスメントします。


(2)必要な物品の準備

吸引装置、吸引用チューブセット、ディスポーザブル手袋、サージカルマスク、ビニールエプロン。必要に応じてゴーグル、キャップ、アルコール綿、新鮮な水道水、ジャクソンリースなどを準備します。吸引チューブの太さは10Frで長さは40cmにします。吸引装置の吸引圧を設定します。


(3)患者さんに説明

吸引の方法と目的を説明して患者さんの不安を軽減し、協力を求めます。また、鼻血が出やすくないか出血傾向を確認し、鼻腔内に分泌物が貯まっていたら除去します。また、吸引しやすいように必要に応じて体位排痰法を実施します。


>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

気管切開患者さんの吸引の手順

吸引前の準備 STEP1 バイタルサインを確認 パルスオキシメーターを装着してSpO2と脈拍を確認します。特に、陽圧人工呼吸を受けていて、かつ酸素も使っている患者さんは、吸引によるSpO2低下の可能性が高くなります。そのため、パルスオキシメーターは吸引が終わるまで装着

2017/11/11