1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 吸引

吸引

吸引関連の記事の一覧です。

吸引は侵襲度が高い手技の1つです。むやみに行うことで低酸素血症、気管支損傷や無気肺などの合併症を起こすこともあるため、実施する前に吸引が必要かどうかをその都度アセスメントをしなくてはなりません。吸引の適応となった場合も、患者さんの苦痛が最小限となるよう長時間の吸引は行わず、無理強いはしないようにします。吸引がスムーズにいかない場合は理学療法士に徒手的咳嗽介助を依頼するなど、多職種と連携することで解決する場合もあります。

まとめ記事
*吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コツ

吸引 記事カテゴリ

「吸引」の記事一覧

15件/24件

気管切開患者さんの吸引の手順

【気管切開患者の吸引】吸引を行う必要性とタイミング

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コツ

喀痰が多い気管切開患者さんにはどう対応する?

吸引する際に滅菌手袋を用いなければならない場合は?

鼻腔吸引時に入れ歯がある場合は?吸引チューブが入れにくい場合は?

吸引チューブは使い捨てが基本! 吸引チューブの消毒はどうする?

痰の吸引の条件やタイミングはこれで合ってる?

吸引の苦痛を最小限にする6つのコツ

吸引チューブで咽頭や気管の痰を吸引するのは最終手段ー高齢者の肺炎・誤嚥性肺炎

第4回 どうする? 吸引後にSpO2が上がらない患者さん(その2)

【状態別】痰が固くて吸引できない時の加湿の方法

痰のアセスメント(貯留部位の特定)5つのポイント

第3回 どうする? 吸引後にSpO2が上がらない患者さん(その1)

最終回 急変リスクが高い患者さんへの吸引