1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 吸引
  5. 鼻腔吸引時に入れ歯がある場合は?吸引チューブが入れにくい場合は?

【連載】吸引困難5大ケースを攻略する!

鼻腔吸引時に入れ歯がある場合は?吸引チューブが入れにくい場合は?

  • 公開日: 2015/7/15

痰の吸引を行なう上でなんとなく行なっていることを再確認しましょう。具体的なポイントを解説します。


小さな入れ歯は外しておく

インプラントのように外せない義歯はそのままにしますが、外せる入れ歯は外してもらうのが基本です。万が一、外れて気道に入ったら危険だからです。

また、自分の歯であっても、グラグラして抜けそうな歯があれば、絹糸などで他の歯と結ぶなどします。こうすれば、抜けたとしても気道に入りません。

抜けそうな歯については、吸引開始前後に必ず確認し、抜けてしまうようなことがあっても、それがいつだったのかわかるようにしておくことが大切です。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

気管切開患者さんの吸引の手順

吸引前の準備 STEP1 バイタルサインを確認 パルスオキシメーターを装着してSpO2と脈拍を確認します。特に、陽圧人工呼吸を受けていて、かつ酸素も使っている患者さんは、吸引によるSpO2低下の可能性が高くなります。そのため、パルスオキシメーターは吸引が終わるまで装着

2017/11/11