1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護教育・制度
  4. キャリアアップ
  5. ⑦EQチェック④ 「自己表現力~あなたの感情表現とスキルの現状は?」

【連載】看護師のためのEQ講座

⑦EQチェック④ 「自己表現力~あなたの感情表現とスキルの現状は?」

  • 公開日: 2021/7/21

感情を表に出すことで、ストレスが軽減し、幸福になれる!?


「エモーショナル・ディスクロージャー」という概念をご存じでしょうか?


感情を表出すること、つまり、自分の中に湧き上がる不満やストレスなどネガティブな感情を吐き出すことでモヤモヤが解消する、という考え方、手法のことです。 心に爆発寸前のストレスを抱えたまま、自分の感情を押し殺し、ポジティブに振舞うことこそ、看護師の仕事、そう考える方が多いのではないでしょうか? 男性であれば、感情を押し殺し、表に出さないことこそ、男らしい、そう思い込んでいる方もいらっしゃるでしょう。


実は、感情は、抑え込もうとすれば、逆に反発し爆発してしまいます。爆発しそうなほど高まった感情ほど、暴発の危険を秘めているのです。そんなにときは、無理に抑え込もうとしないで、家族や友人との会話、一人で日記に向き合っているとき、など自分をさらけ出せるときに、思い切って吐き出してしまうことこそ、心の健康には有効なのです。


今回は、EQ簡易診断の結果をもとに、「自己表現力」を使って、みなさんの感情表現とスキルの現状を探っていきたいと思います。


「12,情緒的表現性」~言葉による感情表現の量

 感情を主に言葉で率直に伝えようとしているかをみています。


 ここが高い方は、伝えようとするエネルギーが強いので、率直な発言が多い反面、ネガティブな感情のときには要注意です。信頼できる先輩や同僚にじっくり話を聴いてもらうのがおすすめですが、爆発寸前のときには、その感情をすべて紙に書き出して捨ててしまうなど、むしろ吐き出したほうがスッキリするでしょう。


 逆に低かった方は、感情を表に出すことが少ないため、控えめで無口な印象を与えているかもしれません。


 看護師は、緊急性の高い、重要な局面に接することの多い仕事です。誰もが吐き出しきれない、わかってもらいたい思いを抱えていることを前提に、安心して自分の思いを語る、そんな感情表出の機会が確保されていることが必要なお仕事だと言えるでしょう。


 よりよい看護のことを語り合う時間の中のほんの一部、5分、10分で結構ですので、思っていること、特に抱えている悩みや困りごとを吐き出す機会を用意しておくことをお勧めします。


 そんな機会がない、という方は、トイレに駆け込み、鏡でご自分の顔を見つめながら、感情を吐き出すつもりで2,3回、ふーっと息を吐いてから仕事に戻る、それだけでも気持ちが楽になると思います。


「13,ノンバーバルスキル」~非言語による感情表現

 自分の考えや感情を表情や体の動きなど、ノンバーバル(=非言語)で伝えたり、隠したりしているか、を見ています。


 「とってもうれしいです」言葉でそう言われるよりも、満面の笑顔のほうがうれしさって伝わりますよね? コミュニケーションの大きな割合を占めている部分です。 その分だけ、表現内容のわかりやすさとともに、みなさんの印象としてご自分に跳ね返ってくる部分でもあります。


 高い方は、表現が豊かな分だけ、わかりやすい、率直な人、という印象を与える反面、怒ったり、不安に思っていること、動揺していることなどもすぐに顔に出てしまいますので、注意が必要です。


 低い方は、感情的にならない反面、無口で無表情な印象を与えてしまうこともありますので、周囲に誤解を与えないよう、少しだけオーバーアクションを意識してみましょう。


 いかがでしたでしょうか? 冒頭でお伝えしたように、感情を表出することは、決して恥ずかしいことではなく、みなさんの印象を左右するだけでなく、自分のこころの健康を保つためにも大切なことです。感情とうまくつきあうことが自分を活かす第一歩です。

 最後に、コミュニケーションの観点から、少々補足をしておきます。


 コミュニケーションには、情報の交換と感情の交流という2つの側面があります。ここでは、そのうち感情の交流という側面を、言葉によるものと言葉によらない非言語のものの2つのパーツに分けて考えてみます。この2つのパーツがそろわないと、言っていることはわかるけど何か納得できない・しっくりこないとか、逆に、わかろうとしてくれているのはわかるけど、ちょっとずれている、そんな悲しい結果となってしまいます。


 そもそも日本では、感情をストレートに出さないことを美徳と考える側面もあるため、ついご自分の感情を抑え込んでしまう方もいらっしゃるかもしれません。海外在住経験のある方には、「日本人はわかりづらい」そう思われている方がいるかもしれませんね。


 自分の感情をうまく、そして十分に伝えていましたでしょうか? 感情表現は、わかりやすさや印象につながるコミュニケーションの重要な要素です。喜怒哀楽を相手に伝えることは、自分を理解してもらうためには大切な行為です。「わかってもらえない」そう感じてしまうことが、もしあるようでしたら、今日は一息ついて、日頃のコミュニケーションを分析的に見つめてみましょう。



この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【公益財団法人 木村看護教育振興財団】2022年度 看護研究助成募集のお知らせ

趣旨  本財団は、わが国における看護教育及び看護実践の充実・向上 を図るために必要な助成を行うことにより、看護職の育成に寄与することを目的としております。とりわけ現場に携わる看護職への「ご恩返し」という設立の趣旨を尊重して、臨床看護師への支援を中心に教育助成の機会を提供して

2021/11/11

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001