1. トップ
  2. 看護記事
  3. 自分のEQをチェックしてみよう

【連載】看護師のためのEQ講座

自分のEQをチェックしてみよう

  • 公開日: 2019/12/23

感情の使い方、向き合い方のクセを知ろう

 カッとしたとき、怒りの感情を調整したり、「だめだめ! 患者さんの前では、明るくしないと」など前向きな感情をつくりだしたり、「よーし、今日こそケース記録を仕上げるぞ」と気持ちを集中させたり、慌ただしい業務の中で、誰もが何気なく、EQを使っています。普段無意識で使っている能力である分だけ、日々のちょっとした意識と行動を変えることで、誰もが開発することができます。

看護師の感情

 では、日々、感情に向き合い、時には格闘しているみなさんはこのEQを、どれくらい使っているのでしょうか? 無くて七癖、感情の使い方、向き合い方にもクセがあります。10分ほど、手を止めて、みなさんのEQをチェックしてみましょう。

まずは、こちらの24問の設問に答えてみてください(正規版EQ検査は250問)。

EQ簡易診断 問題

下記の24個の質問について、どれだけ自分に当てはまるかを4つの選択肢から一つ選んでください。「こうなりたい」という目標や願望ではなく、現状を正直に答えてください。
④:かなりあてはまる ③:ややあてはまる ②:あまりあてはまらない ①:ほとんどあてはまらない

Q1.いつも自分の「こころ」に興味がある
Q2.人の目に映る自分の姿が気になる
Q3.過去の失敗を引きずったり、くよくよ悩むことはない
Q4.計画や、やりたいこと思ったことはすぐに行動に移す
Q5.気が動転しているときでも、何事もなかったかのように平静さを保つことができる
Q6.行き詰まったときに、次に何をすればよいのかということに考えが集中する
Q7.たいていのことには驚かず、冷静沈着に対応する
Q8.自分には同僚より優れた能力があると思う
Q9.どちらかといえば、野心的なほうである
Q10.現在の自分は、価値のある生活をしていると思う
Q11.どんなことでも、やっているうちに展望が開けてくるものだと思う
Q12.できるだけ自分の気持ちを人に伝えようとしている
Q13.どちらかといえば、表情は豊かなほうだ
Q14.正しいと信じたことは、人に譲らないほうだ
Q15.物事を柔軟に考えられる人が好きだ
Q16.自分が不愉快な思いをさせられたときは、はっきり苦情を言う
Q17.人間関係の問題が生じたときでも、感情的にならず冷静に対処する
Q18.街で知り合いに会ったら、自分から進んで挨拶する
Q19.多くの場合、人は私に対して気軽に心を開いてくれる
Q20.パーティーなどの集まりで、人が自分に興味を持つとすぐに気づくほうだ
Q21.どちらかといえば、人の感情や行動の動機を理解する直観力は強いほうだ
Q22.人がうれし泣きをしている姿を見ると、自分も感動してしまう
Q23.どちらかといえば、周囲の人から感情的な影響を受けやすいほうだ
Q24.いつでも相手の身になって、話を聞くことができる

次に、回答結果をこちらのチャートに転記してみましょう。

EQ簡易診断アセスメント
EQアセスメント表
クリックして拡大
資料元:株式会社アドバンテッジリスクマネジメント

 いかがでしたか?

 このように自分の感情の使い方を、見える化するだけで、さまざまなことを感じられたのではないでしょうか?

 まずは、今の状況を認識すること、これがEQ開発のスタートです。

 次回以降は、チェック項目の解説を通じて、みなさんのEQについて見つめていきたいと思います。