1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護教育・制度
  4. キャリアアップ
  5. EQチェック② 「ストレス共生~あなたのストレスとの折り合いのつけ方は?」

【連載】看護師のためのEQ講座

EQチェック② 「ストレス共生~あなたのストレスとの折り合いのつけ方は?」

  • 公開日: 2021/4/23

今回は、EQ簡易診断の結果(「第2回 自分のEQをチェックしてみよう」参照)をもとに、「ストレス共生」を使って、みなさんのストレスとのかかわり方、折り合いのつけ方を見ていきたいと思います。 ストレスはその内容や量にもよりますが、必ずしも悪いものではありません。むしろ、それをどのようにとらえているか、つまりストレスとどうかかわっているのかが心身の健康に大きく影響してきます。


「7.精神安定性」~落ち着きと安定感、気分のムラは?

 まずは、ご自分の気持ちの振れ幅の大きさをみてみましょう。


 ここが高いと気持ちの振れ幅は少ないため、周囲から安定しているように見られることが多いでしょう。逆に低いと、気持ちの振れ幅が大きいため、落ち着きがない、ムラっ気があると見えるかもしれません。


 ここでも、どちらが良い・悪いという評価は、いったん脇に置いておいてください。


 実際に個別面談などでお話を伺うと、ここが高く安定していても、内面では気持ちが揺れているときでも周りから理解してもらえない、という悩みを抱えている方もいますし、逆にここが低い方でも、むしろ好奇心や関心に素直に反応できるご自分を愛おしんでいる方もいらっしゃいます。


 感情、気持ち、こころの反応は自然で正直な反応です。良い・悪いなどの評価はいったん外して、今の自分を受け止めたうえで、今後のことは改めて考えるようにしないと、ついつい自分を責めることになり、苦しくなってしまいます。


 看護師は、患者さんやご家族から直接、喜びと感謝がもらえる反面、プレッシャーの高い専門職でもあります。その日常には多くのストレス要因がゴロゴロ転がっています。そんな多くのストレスとかかわりながらも、うまくストレスとかかわっているご自分の自然な反応を、客観的に見つめてあげましょう。


「5.自己コントロール」~感情のコントロールと表出は?

 そのうえで、ご自分の感情コントロールや表出の量を見てみましょう。


 ここが高い方は、感情のコントールができている、めでたしめでたし、そう思われるかもしれません。でも実際にお会いすると、とても疲れている方も多いのです。


 ストレスや不満をため込みやすく、または我慢せざるを得ない環境にあるのかもしれません。もし思い当たる方がいましたら、ご自分の感情をコンロトールする頻度や程度が過剰でないか要注意です。


 逆にここが低い人は、もう少しコントロールした方がよいかもしれない反面、率直で素直なコミュニケーションがわかりやすいと好意的に受け止められているかもしれません。


 今のご自分を客観的に見つめてみた後に、改めて気持ちを切り替えたうえで、周囲への影響を考えてみましょう。


 重大な場面では確かに感情を押し殺すことが求められるかもしれません。ただ、日常的にいつもいつもご自分の感情を押し殺すことは、あなたのよさをも押し殺してしまうことになりかねません。


「6.ストレス対処」~ストレス発散の量は?

 ここで見ているのは、ストレス発散行動の量です。ストレスを感じたときに、どれくらい発散しているのかを見ています。低かった方は、ストレスをうまく発散しながら生活しているか、考えてみてください。そもそもそんなにストレスを感じない、という方は、ストレスと感じない、上手い考え方を身につけているのかもしれませんね。


 看護師は、ストレスとのかかわり方を学べるお仕事です。赴任したばかりの頃は、イライラしたり、すぐに泣き出してしまっていた方も、仕事に慣れるにしたがって、そんなことも徐々に少なくなっていきますよね? この過程をご自分の意識と行動で変えていけると、仕事をしながら、自信を身につけていくことができます。


 いかがでしたでしょうか? 感じたことをとらえ直し考えてみることで、周囲やご自分の見え方が変わってこないでしょうか? EQは感情と思考をつなぐ知性です。慌ただしい毎日の中でも、時折EQを意識してみることで、感情に流され翻弄される日常から、ご自分を解放し、更なる可能性を切り拓いていきましょう。



この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

【公益財団法人 木村看護教育振興財団】2022年度 看護研究助成募集のお知らせ

趣旨  本財団は、わが国における看護教育及び看護実践の充実・向上 を図るために必要な助成を行うことにより、看護職の育成に寄与することを目的としております。とりわけ現場に携わる看護職への「ご恩返し」という設立の趣旨を尊重して、臨床看護師への支援を中心に教育助成の機会を提供して

2021/11/11

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001