1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 多発性硬化症治療薬ケシンプタの在宅自己投与のご案内 ―【オンライン説明会のお知らせあり】2022年6月1日から計6日間実施予定-【PR】

多発性硬化症治療薬ケシンプタの在宅自己投与のご案内 ―【オンライン説明会のお知らせあり】2022年6月1日から計6日間実施予定-【PR】

  • 公開日: 2022/6/1
  • # 注目ピックアップ
  • # 在宅・地域
  • # 服薬管理

この記事では、在宅自己投与が可能になったケシンプタによって、
MS患者さんにどんなメリットを届けられるのかについてご紹介します。日頃の診療のお役に立てればと思います。

1. 多発性硬化症治療に求められること

 多発性硬化症の患者さんは若年の成人の方も多く、学生や働き盛りの方、家事・育児を始められた方など、様々な患者さんがいらっしゃいます。
 疾患をコントロールし、長期予後を改善するには、診断早期から強力な治療介入を行った方がよいことが、近年の数々の報告で明らかになってきています。1)2)3)

 またMS患者さんを対象としたアンケート調査では、53%が「再発をなくす」ことを治療目標とし、49%が薬剤選択時に効果の高さを優先するなど、患者さんも疾患のコントロールを望んでいることが伺えます。



 しかしながら、疾患コントロールを優先して薬剤を選ぼうとすると、導入の難しさや複雑な副作用マネジメントが必要となることで、必ずしも疾患コントロールを優先した薬剤選択ができないというのが、MS初期治療の課題でした。
 さらに、患者さんが前向きに治療を継続できるように、ライフスタイルへの配慮も忘れてはなりません。


 

2. 在宅自己投与が可能になったケシンプタで出来ること

 ケシンプタは、多発性硬化症(再発寛解型または疾患活動性を有する二次性進行型)の再発を予防及び身体的障害の進行を抑えることが期待される、“ペン型”のお薬です。
 「キャップを取って、ペンを投与部位に押し付けること」で投与が完了し、注射針は投与前・投与後も針カバーで隠れているので患者さんにとって優しい構造になっております。



 また、ケシンプタは2022年6月1日より、在宅自己投与が可能になったことで、医療施設に通院しながら投与するか、患者さんご本人またはご家族の方などが自己投与するかを、主治医の先生との相談の上で選ぶことができます。
※ただし、在宅自己投与の可否に関しては、十分な教育訓練を実施した後、本剤投与による危険性と対処法について患者又はその介護者が理解し、確実に投与できることを確認した上で、医師の管理指導の下で実施することとなっております



 これにより、今まで治療のために通院を強いられ、仕事のスケジュールを調整したり・休んだり、付き添いのご家族に負担をかけることに悩んだりなど、患者さんの生活に生じていた不自由が軽減され、ライフスタイルに配慮した治療を選択できるようになります。



 患者さんのライフスタイルに合わせた治療を実現する為には、自己投与を適切に実施いただく必要があり、医師のみならず看護師の皆様からのご指導も必要になる事もあると存じます。
 そのために、弊社では、在宅自己投与の指導ポイントをまとまた医師や看護師の皆様向けの資材を多数ご用意しております。また、ケシンプタに関する看護師の皆様向けに説明会も実施しております。
 資材のご要望や説明会の問い合わせなどに関しましては、弊社MRへお声がけください。

 

3. 看護師の皆様向けオンライン説明会のご案内

 2022年6月には、主に看護師の皆様を対象にしたオンライン説明会を複数日程で開催させていただいております。
(日程の詳細は、下記、案内状をご確認下さい)

 「ケシンプタのペン型デバイスについてや在宅自己投与におけるポイント」をテーマにした内容になっております。
 説明会終了後には、Q&Aの時間も取っております。神経内科に従事されている看護師の皆様、お時間ございましたら是非ご参加ください。



なお最新のケシンプタの製品情報は、電子添文をご覧ください。


1)Buron MD et al:Neurology 95(8):e1041-e1051, 2020
2)Harding K et al:JAMA Neurol 76(5):536-541, 2019
3)Brown JWL et al:JAMA 321(2):175-187, 2019

 

作成年月:2022年5月


この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

チーム医療で支える在宅自己注射(喘息)【PR】

 ひたちなか総合病院呼吸器内科では、デュピクセントによる治療を行う場合、在宅自己注射の導入を基本としています。  デュピクセントによる治療が決まると、医師、看護師、薬剤師などの多職種を含むチーム医療体制で、治療内容の説明~自己注射の導入~導入後のフォローまでを行っています。なか

2022/6/15

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001