1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護教育・制度
  4. コミュニケーション
  5. 患者とのコミュニケーション
  6. 「あなただけに話す」と言われたらどうする?

【連載】500人のギモン&お悩み徹底解決

「あなただけに話す」と言われたらどうする?

  • 公開日: 2012/1/9

患者さんと話しているときに、「あなたにだけ話します」と言われた経験がある人もいるのではないでしょうか。そんなとき、どう対応すればよいのかを考えていきます。


▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめて読むならコチラ
看護師のコミュニケーションとマナー


Q. 患者さんから「あなたにだけお話します」と言われ、患者さん自身の背景について話をされたのですが、これは患者情報としてスタッフ間で共有すべきでしょうか。

A. 共有すべき情報であるかどうかを判断し、チームの成熟度と患者さんの理解度から決めるようにします。

まずは共有する必要があるかどうかを判断する

 この場合、まずは話を聞いた看護師が「チームで共有することが有益となる情報か否か」を判断する必要があります。具体的には、病気に直結することで あればもちろん共有することが必要で、また家族背景など療養生活と結びつく場合も考慮すべき重要な要素となります。反対に、日常の細々したことや、人の好き嫌いなど、非常に個人的な気持ちの問題であれば、当面共有の必要はないと判断してよいと思います。

>> 続きを読む

 共有すべきであると判断した場合、チーム全員がその必要性を理解し、情報を得ている事実について、当人やそこにかかわる人々に悟られないようにしなければなりません。そのためには、チームと各スタッフに高い成熟度が求められ、新人が多いなど職場によっては難しい場合もあると思います。

 また、患者さんによっては、話を聞いた看護師が共有する了解を求めてもよいと思います。後日「先日のお話は、ぜひAさんにかかわる看護師で共有したいのですが、どうでしょう。Aさんにとってもよい結果になると思いますが」とこちらの意図を理解してもらえるよう相談すれば、患者さんは「そこまで自分を心配してくれている」と感じ、情報の開示に同意してくれる可能性もあります。

特定のスタッフへの不満であれば自分に置き換えて共有する

 まれに患者さんの話の内容が、特定のスタッフについての不満や不快感である場合もあります。それが改善の余地のあるものならば、原因となっている態度や動作、言葉遣いなどを、自分のケースとして置き換え、「こんなふうに言われたので、これから気をつけることにします」など、さり気なく本人に話し、当人の気づきに結びつけることもできます。ただし、患者さんの嫌悪感が強かったり、改善できないと判断されたときは、上司に相談することも必要でしょう。

あなたも対応をチェックしよう【高齢者編】

 一般成人よりも身体条件(聴力、視力、会話の理解度、ADL)が低下している高齢者には、臨機応変な対応も必要になります。ここでは高齢者に対する応対についてチェックしましょう。

□ 依頼形、疑問形で話し、本人に選択の余地があるよう配慮していますか
□ わかりやすい言葉で、ゆっくりはっきり話していますか。

point
 高齢者は聞き取れていなくても「はい」と返事をしてしまうことがあります。理解を確認しながら話すようにします。

□ 表情を豊かに、身振りを交えて話していますか。

point
 聴力が低下していても、表情や身振りで理解を促すことができます。

□ 会話のなかで患者さんに名前で呼びかけていますか。

point
 名前を呼びかけることは注意を引きつけることになります。

□ 「おじいちゃん」「おばあちゃん」と呼ばず、相手の名前をきちんと呼んでいますか。
□ 不必要に大きな声で話していませんか。

point
 大きな声だと怒っているように聞こえてしまいます。患者さんの状態に応じて、声のトーンを変えたり、耳元で話します。相手がどうしても聞き取れない場合は、筆談を行います。プライバシーに対する配慮は常に必要です。

□ 「ちゃん」呼びはしていませんか。
□ 幼児扱いをしていませんか。

point
 本人はもとより、家族や周囲の人にも不快感を与えてしまいます。人生の大先輩として尊厳を大切にした応対が求められます。

□ 受付などで得た情報は、メモして次の人に伝達していますか。

point
 高齢の場合特に、何度も同じ説明をすることが容易ではありません。なるべく一度の説明で済むよう配慮します。

(ナース専科「マガジン」2010年5月号より転載)

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

スタッフ・同僚・患者へのリーダーシップ

※「スタッフにも必要なリーダーシップ」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 1. リーダーシップの正体を探る あなたが思うリーダーシップのイメージは?  「リーダーシップ」と聞いて、皆さんはどんなイメージを思い浮かべますか。フランスの画家・ド

2020/2/6

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
4位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
5位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
6位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
7位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
8位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
9位

バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について

*2019年3月13日改訂 *2020年4月15日改訂 *2022年4月28日改訂 バイタルサインとは  バイタルサインとは「生命徴候」のことで、「脈拍」「呼吸」「体温」「血圧」「...

249791
10位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636