1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. フィジカルアセスメント
  5. 意識レベル
  6. マンガでわかる! 意識レベルのアセスメント

【連載】ねじ子のヒミツ手技

マンガでわかる! 意識レベルのアセスメント

  • 公開日: 2014/5/28
  • 更新日: 2020/6/30

意識レベルをアセスメントするためには、程度・経時的変化を客観的に観察し、記録していくことが大切です。
今回は意識レベルの
 1. 「簡略的なみかた 3STEP」
 2. 「詳細なみかた(JCSとGCS)」
について、マンガでわかりやすく解説します。


▼バイタルサインについて、まとめて読むならコチラ
バイタルサインとは|目的と測定の仕方、基準値について


簡略的なみかた 3STEP

STEP1 呼びかける

まず名前を呼ぶ

STEP2 刺激する

反応がなければ肩をたたく

STEP3 痛み刺激を与える

反応がなければ痛み刺激を与える

【※やってはいけない刺激方法】

やってはいけない刺激方法

詳細なみかた JCSとGCS

 医療現場では患者さんの状態を正確に伝えるために、以下2つの意識レベル分類を使っています。(日本ではJCSが一般的です)

 1. Japan Coma Scale
(ジャパン・コーマ・スケール、略:JCS)
別名:3-3-9度方式
 2. Glasgow Coma Scale
(グラスゴー・コーマ・スケール、略:GCS)

JCSとは

 JCSは、患者の意識レベルを9つに分類(大分類:3パターン × 小分類:各3パターン)する測定手法です。

大分類

 1. Ⅰ:覚醒している
 2. Ⅱ:刺激すると覚醒する
 3. Ⅲ:刺激しても覚醒しない

※小分類についてはこの後、解説します。

報告・記録のしかた

 「Ⅱ-20」などと、大分類と小分類をセットにして報告・記録します。

「Ⅰ:覚醒している」の分類

患者の意識レベルの大分類1

「Ⅱ:刺激すると覚醒する」の分類

患者の意識レベルの大分類2

「Ⅲ:刺激しても覚醒しない」の分類

患者の意識レベルの大分類3

次ページでは「Ⅰ:覚醒している」の分類について、具体的なアセスメント方法を解説します。

Ⅰ-1 一見、意識清明だけど今ひとつはっきりしない

覚醒しているの分類1

Ⅰ-2時・場所・他人がわからない(見当識障害)

覚醒しているの分類2

Ⅰ-3 自分の名前や生年月日が言えない

覚醒しているの分類3

次ページでは「Ⅱ:刺激すると覚醒する」の分類について、具体的なアセスメント方法を解説します。

Ⅱ-10 普通の呼びかけで容易に目をあける

刺激すると覚醒するの分類1

Ⅱ-20 大きな声or体をゆさぶることにより開眼する

刺激すると覚醒するの分類2

Ⅱ-30 痛み刺激を与えつつ、呼びかけを繰り返すと、かろうじて開眼する

刺激すると覚醒するの分類3

次ページでは「Ⅲ:刺激しても覚醒しない」の分類について、具体的なアセスメント方法を解説します。

Ⅲ-100 痛み刺激に対して、それをはらいのける動作をする

刺激しても覚醒しないの分類1

Ⅲ-200 痛み刺激で少し手足をうごかしたり、顔をしかめる

刺激しても覚醒しないの分類2

Ⅲ-300 痛み刺激にもまったく反応しない

刺激しても覚醒しないの分類3

次ページでは「GCSのみかた」について簡単に解説します

GCSのみかた

GCSのみかた

新着

【マンガでわかる!】JCSの具体的な付け方

JCS(ジャパン・コーマ・スケール)は、患者の意識レベルを9つに分類(大分類:3パターン × 小分類:各3パターン)する測定手法です。意識レベルのアセスメント法についてマンガで詳しく解説します! 【大分類】 Ⅰ:覚醒している Ⅱ:刺激すると覚醒する Ⅲ:刺激し

2016/4/22