1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 老年看護
  5. 【高齢者のせん妄】症状とアセスメント・ケアのポイント

【連載】高齢者の機能低下をアセスメント

【高齢者のせん妄】症状とアセスメント・ケアのポイント

  • 公開日: 2013/1/28

せん妄は一過性かつ急速に出現します。
患者さんの訴えと行動、身体症状の関連を捉えることが重要です。


▼せん妄についてまとめて読むならコチラ
せん妄とは? せん妄の症状と看護
▼認知症の看護・ケアの記事をまとめて読むならコチラ
認知症・認知機能障害の看護ケア|原因、症状、アセスメントのポイント


せん妄はなぜ起こる?

どんな症状?

 せん妄とは、意識、注意、認知、知覚の変化が一過性かつ急速に出現する状態のことをいいます。その人のそれまでの機能レベルが突然低下する、いわゆる突然意識が混濁した状態といわれています。米国精神医学会によるせん妄の診断基準では、下表のA~Dのすべてを満たさなければならないとされています。

 せん妄の特徴的な症状というと、興奮、幻覚、つじつまの合わない言動、不眠など多彩な精神症状が前面に現れます。私たち看護師はこれらの症状にとらわれすぎてしまい、対症療法に徹してしまいがちです。しかし、今出現している症状は何が原因なのか、何がそうさせているのかを把握することが重要です。

 せん妄を見極めるポイントとして、

 1. 記憶障害の有無
 2. 見当識障害の有無
 3. 短時間での症状の出現
 4. 一日のうちでの症状の変動

 をチェックする必要があります。

せん妄に伴うのはこんな症状

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

いつでも・どこでも・誰でもレクチャー~認知症対応力向上を目指した院内教育ガイドの作成~

ul.section-nav{display:none;} 目次 1.認知症対応力向上を目指した院内教育ガイド作成の経緯 2.院内教育ガイドの作成 ■看護師に必要な認知症に関する基本的知識の選定 ■院内教育ガイドの特徴 3.院内教育ガイ

2020/3/18