1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんの原因・メカニズム
  6. 第2回 メカニズムと患者さんへの影響からみる女性のがん(その1)

【連載】女性のがんのケア

第2回 メカニズムと患者さんへの影響からみる女性のがん(その1)

  • 公開日: 2012/12/20

生活の変化などにより増加傾向にある女性のがん。疾患に加え、女性ならではの特性に考慮したかかわりが必要です。今回は乳がんについて解説します。


女性では罹患数が一番多いがん・乳がん

乳がんは、罹患数・死亡数ともに年々増加し、その罹患数が女性では一番多いがんになっています。

罹患率は30歳代から増加しはじめ、40歳代後半から50歳代前半でピークを迎えて以降徐々に減少していきます。

乳がんのリスクファクターには、初経年齢が低く、閉経年齢が高い、出産歴がないなどのエストロゲンに関連するものが多く、飲酒習慣や閉経後の肥満などの生活習慣、遺伝的要因などが挙げられます。

乳がんの組織学的分類は腺癌がほとんどです。

乳がんは乳管、小葉を越えて間質に広がったものが浸潤がん(約80%)で、脂肪を巻き込んで増殖し、さらに進行すると皮膚や胸筋まで達することがあります。

がんが乳管内にとどまっているものが非浸潤がん(約5%)で早期のがんです。がんの転移は、リンパ行性には同じ側の腋窩リンパ節から広がることが多く、血行性にもがんは転移します。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

~がん患者さんの治療継続を支援するために~ 抗がん薬治療の副作用軽減を目的とした 皮膚障害と口腔粘膜炎へのケアとポイント【PR】

分子標的治療薬の普及により、がんの治療実績の向上とともに、従来の抗がん薬とは違った特有の副作用に注目が集まっています。中でも看護師に関心が高い「皮膚障害」と「口腔粘膜炎」の支持療法に関するセミナーが、2017年8月27日に東京で開催されました。治療の継続・成否に大きく影響

2017/10/30