1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんによるボディイメージの変容・乳房再建
  6. 第8回 乳房再建術の方法とは?

【連載】女性のがんのケア

第8回 乳房再建術の方法とは?

  • 公開日: 2013/2/1
  • 更新日: 2020/3/26

乳房再建術には、自家組織を用いたものと人工乳房を用いたものの2つがあります。それぞれの適応や長所、短所などについて知っておきましょう。


Q 乳房再建術にはどのような方法があるのですか。

A 患者さんのライフスタイルや希望に応じて、自家組織を用いる方法か人工乳房を用いる方法を選択します。

解説 乳房再建には実施時期による違い

乳房再建には、実施時期によって、一期的乳房再建と二期的乳房再建があります。

一期的再建は乳房切除術と同時に行われるもので、全身麻酔手術が1回で済み、乳房の喪失感が少ないことが長所とされます。

二期的再建は時間をおいて再建のための手術を行うもので、治療が落ち着いてから再建するため、自分が納得するまで十分に術式を検討することができるという長所があります。

手術法には、自家組織を用いる方法と人工乳房を用いる方法があります。

自家組織を用いる方法

自家組織を用いる方法には、

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【術前・術後ケア】患者中心の医療を調整する場面~乳がん患者へのケアより~

ul.section-nav{display:none;} 目次 事例紹介 看護上の問題の抽出 ■迷いがみられるAさん ■術後の不安を抱えるAさん 看護上の問題に対する介入方法の検討プロセス・看護展開とその結果 問題点1 治療の意思決定が

2019/11/3