1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. 血液内科
  5. 血液疾患
  6. 「貧血」は検査データがどのようなときの状態?

【連載】検査値Q/A

「貧血」は検査データがどのようなときの状態?

  • 公開日: 2016/2/14
  • 更新日: 2020/7/28

症状の鑑別に必要な検査値について、よくあるギモンに答えます。


Q 「貧血」は検査データがどのようなときの状態?

A ヘモグロビン(Hb)が低下している状態

この検査値を攻略イラスト

貧血は、血算検査(CBC)において「ヘモグロビン(Hb)の値が低下した状態」と定義されます。

貧血の判断基準

  1. 男性:13g/dℓ以下
  2. 女性:12g/dℓ以下

(WHOの貧血基準・2012年)

貧血の自覚症状

  1. 倦怠感
  2. 労作時の息切れ
  3. 動悸

貧血の身体所見

  1. 皮膚・粘膜・爪の蒼白
  2. 心拍数亢進

そのほか、無症状で健康診断などにより発見される人もいます。

大量出血時のデータの見方

急性の大量出血では、循環血液量が大きく減少します。そのため、血中のヘモグロビンの濃度も一気に低下しそうですが、血漿も一緒に失われるので、出血直後は、RBC、Hb、Htは正常値を示します。貧血がデータに現れるのは、出血後3時間以降であることを知っておきましょう。

(『ナース専科マガジン』2013年8月号から改変利用)

新着

貧血の看護|症状・観察項目・看護計画など

ul.section-nav{display:none;} 目次 貧血のメカニズム 貧血の種類 鉄欠乏性貧血 再生不良性貧血 溶血性貧血 悪性貧血 腎性貧血 その他の貧血 高齢者の貧血 妊婦の貧血 術後貧血 貧血の症状

2020/7/1