1. トップ
  2. 看護記事
  3. 症状から探す
  4. 便秘・下痢
  5. 温罨法や腹部マッサージは便秘に効果がある?

【連載】排泄ケアで困ったこと

温罨法や腹部マッサージは便秘に効果がある?

  • 公開日: 2016/4/2
  • 更新日: 2021/1/6

ナース専科コミュニティ会員にアンケートを実施し、排便や排尿にかかわることで実際に困っていることを集め、皮膚・排泄ケア認定看護師に解説してもらいました。


温罨法や腹部マッサージは便秘に効果がある?

温罨法により便通を促すことができるという報告がある

腹部への温罨法やマッサージといった排便を促すためのケアは、古くから経験的に行われていました。

しかし近年、それらの排便促進効果に関する研究が数多く行われ、現在では、ある程度の効果が期待できる方法として一定のエビデンスが得られているようです。

特に温罨法については、60℃程度の熱布や、蒸気を発生し40℃ほどを長時間維持するシートを用い、10分程度の短時間、あるいは温熱が持続するシートを数時間程度、腰背部または腹部にあて、その効果を比較検討している研究が数多くあります。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

下痢の看護|種類・観察項目・看護計画など

下痢とは  下痢とは、何らかの原因で便の水分量が多くなり、液状に近い便を排出する状態をいいます。一般的に、普通便の水分量は70~80%ですが、80~90%で泥状便、90%以上になると水様便となります。 下痢の種類  下痢の主な種類と原因は次のとおりです。 浸透

2021/1/1