1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 検査
  5. 呼吸器系検査
  6. 肺機能検査の目的と看護のポイント

【連載】検査早わかりファイル

肺機能検査の目的と看護のポイント

  • 公開日: 2016/7/28

肺機能検査とは

 循環器疾患で最も重要な生理機能検査が心電図であるように、呼吸器疾患の診断における最も重要な生理機能検査は肺機能検査です。肺機能検査は、呼気と吸気からなる人間の呼吸運動を評価することができ、なおかつたいていの場合非侵襲的です。精密で大掛かりな装置を要する検査方法も存在しますが、多くの疾患・診療現場では基本的な肺機能検査ができれば十分であり、それをカバーするポータブルの機材も開発され普及しています。

 肺機能検査は、喫煙に伴う呼吸器領域の生活習慣病ともされる慢性閉塞性肺疾患、いまだなお発作での死亡者も多い気管支喘息、少ないながらも重篤な経過をたどることも少なくない間質性肺炎など、肺に関する多数の疾患で診断の重要項目とされています。

 今回は、この肺機能検査について解説していきましょう。


どんな検査?

検査を行う目的

肺機能検査は、呼吸器疾患の診断、治療効果の判定に用いるために行います。例えば、慢性閉塞性肺疾患、気管支喘息では主に呼気時の吐きにくさ、つまり呼気気流障害について評価を行い、診断につなげます。
 一方、間質性肺炎では、一般に肺活量といわれる肺気量について評価を行い、診断につなげます。

主な禁忌
バイタルサインが明らかに異常な患者さん
急性期の心筋梗塞
急性期の脳血管障害
気胸
感染性疾患(結核など)
認知症や他の理由で指示に従えない患者さん

どこを見るか?

肺機能検査は、最終的には多くの場合、肺機能検査レポートなどの形で専門医の判読したものが検査部などから送られてきます。まず、そこに記載される項目のうち主なもの、つまり「閉塞性障害」、「拘束性障害」について確認しましょう。さらに余裕があれば、実際の数値も確認し、フローボリュームカーブといわれる吸気と呼気をグラフ化したものも見ていきます。
 このデータから、多くの情報が得られるでしょう。

どんな器具を使う?

1 肺機能検査器

肺機能検査は、気流と肺気量を測定可能な装置と、それを表示・解析するコンピュータからなります。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

呼吸器の構造と役割

まず、呼吸ケアの基本中の基本である、呼吸とガス交換のメカニズムをおさらいしましょう。呼吸がどのようなもので、それによって体の中でどのようなことが起こっているのかを、ここでしっかり理解しておけば、血液ガスデータの意味や病態生理を正しく把握することができます。 気管・気

2014/3/9

シンチグラフィ検査(核医学検査)の目的と看護のポイント

シンチグラフィ検査(核医学検査)とは 呼吸器系疾患で行われることも多いシンチグラフィ検査は、各種画像検査とともに広く用いられていますが、一般的なX線写真やCTの撮影とは大きく異なる特徴を持っています。X線撮影は体外からX線ビームを照射し、その透過率の違いを画 像イ

2016/8/25

【呼吸生理学1】肺胞での酸素と二酸化炭素の受け渡しのメカニズム

ここでは、酸素療法のアセスメントに必要な呼吸生理学について解説していきます。今回は、肺胞気と肺胞毛細血管の間のガス交換について取り上げます。 呼吸のキホン 吸気は上気道(鼻から咽頭)を通りぬけると声門を過ぎて下気道(気管)に入ります。気管を下って気

2017/6/10

MRC息切れスケール

呼吸困難の重症度を評価するスケールで、間接評価法としてMRC息切れスケールがあります。 MRC息切れスケール Grade 0 息切れを感じない Grade 1 強い労作で息切れを感じる Grade 2 平地を急ぎ足、緩

2017/4/12

【肺炎の看護】肺炎の病態・種類と観察項目

 日本呼吸器学会の成人市中肺炎診断ガイドラインでは、まず非定形肺炎と細菌性肺炎に鑑別してから、治療にあたる方法を採っています。 ここでは、市中肺炎で第一の標的となる細菌性肺炎を中心に、鑑別による治療薬の選択も含めて、そのケアのポイントをピックアップしていきます。

2014/1/6

新着

ブリンクマン指数(Brinkman Index:BI)|喫煙指数

1.この指数は何を判断するもの?  ブリンクマン指数とは、喫煙による人体への影響を予測する指標の一つであり、「一日あたりの平均喫煙本数」と「喫煙した年数」を掛け合わせて算出されます。  たばこの煙には多くの有害物質が含まれています。そして、喫煙習慣は肺がんや喉

2020/4/5