1. トップ
  2. 看護記事
  3. 看護管理
  4. 医療安全情報
  5. 医療安全
  6. 第2回 すべての患者さんにいかにスムーズに導入を浸透させるか【PR】

【連載】CSセットの導入により、感染防止と業務の効率を一気に改善

第2回 すべての患者さんにいかにスムーズに導入を浸透させるか【PR】

  • 公開日: 2016/11/4
  • # 注目ピックアップ
  • # 医療安全
  • # 感染予防

企画協力:株式会社エラン


入院時に必要な物品がまとまったCS(ケア・サポート)セット。株式会社エランが提供するこのサービスを全面的に導入し、感染予防をはじめ、看護師の業務効率の改善、患者さん・家族の負担軽減に大きな効果があった嘉麻(かま)赤十字病院の事例について、看護部の皆さんにお聞きする連載2回目です。


患者さん・家族はもちろん連携施設にも個別に説明

nurse

左から、河野真由美さん、皆川悦子さん、赤司裕美さん


梅﨑さんが職員に向けて開いた説明会は計4回にのぼりました。看護師だけでなく、入退院にかかわる医事課職員、看護助手などすべての職員を対象とし、曜日や時間帯を変えて全員が参加できるように工夫し、情報の共有化を図りました。

説明にあたっては、CSセットの可否ではなく、導入を前提としていかにスムーズにすべての患者さんに浸透させるかを話し合いました。大きなシステムを1つの病院に行き渡らせるには、ぶれずに強い意志で一気に行うことが大切でした。

なぜなら梅﨑さんには、1つの懸念がありました。以前は炭鉱町でもあったこの地域には、経済的に決して裕福とはいえない患者さんも少なくありません。入院時にかかるCSセット分の経済的負担に対し、必ずしも納得が得られるとは思えなかったためです。

そこで、すでに入院中の患者さんについては、病棟師長が機会を設け、1人ひとりへの個別説明を徹底しました。導入目的をきちんと伝え、メリットだけでなく1日にかかる金額や支払いについて、パンフレットを用いて正確に伝えることを心がけました。

入居者が入院してくる可能性のある近隣のグループホームや介護系施設に対しては、メディカルソーシャルワーカーと梅﨑さんがペアになって1軒ずつを訪問し、説明して回りました。

「意外にも介護系施設のスタッフには喜ばれましたね。入居者のご家族に連絡をとり、入院に必要な物品を用意して持ってきていただく手間が省け、身体1つでとにかく入院できるようになったことが、助かるということでした」(梅﨑さん)

こうしてCSセットの導入は着々と進んでいったのです。

watasu

入院オリエンテーションが終わり、
看護師の田中幸恵さんからCSセットを受け取る患者さん。
急な入院でも必要なものがそろって安心

短かった準備期間、導入説明では苦労もあったが

各病棟を担当する看護師長たちが、CSセットの話を聞いたのは、導入予定日まで残り数カ月というときでした。

「最初に話を聞いたときは、便利そうではあるけれど、患者さんの金銭的負担はどうなるのだろうと心配でした。しかしとにかく導入は決まっていましたから、どんな物品をセットに入れたらよいか、入院患者さんへの説明はどう行うかに集中して考えました」と、看護副部長の皆川悦子さんは言います。

1病棟師長の赤司裕美さんは、「ちょうど毎年開く家族会の日程が迫っていたため、その場でCSセットの説明をしたのです。すると1人のご家族から反対意見が出て、周りのご家族からも反対の声が出てきてしまいました」と、当時の苦労を振り返ります。

しかし、長期療養者の多い1病棟こそ、洗濯物や着替えを運ぶ家族の負担が少なくなるという、CSセットのメリットを感じていた赤司さんは、その後、すべての家族に個別に説明し、最終的には了解を得ることができました。

急性期を抱える2病棟師長の河野真由美さんは、「私の病棟では緊急入院がありますので、着の身着のままの急な入院でも、すぐに清潔な寝衣に着替えられ、きれいなタオルを使える。これはメリットだと感じました。

ただやはり地域的に富裕層ばかりではないため、料金負担の部分でひっかかりました」と話します。

次回は、CSセット導入後の反響についてお聞きします。


HOSPITAL DATA

嘉麻赤十字病院
嘉麻赤十字病院
「地域の皆様に安全と安心の医療を提供し、信頼される病院を目指します」をモットーに、人道・博愛・奉仕の赤十字精神にのっとり、地域に密着した温もりのある質の高い医療を提供しています。
■所在地/福岡県嘉麻市上山田1237
■開 設/ 1938(昭和13)年4月、日本赤十字社福岡県支部山田診療所として発足
■病床数/一般病床144床 

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[動画]排便のメカニズムを知って排便管理に役立てよう|第29回日本創傷・オストミー・失禁管理学会学術集会【PR】

排便トラブルは患者さんにとってもケアする側にとっても負担となります。より良い排便コントロールを行うには、排便のメカニズムを知っておくことが大切です。その知識をもとに便の性状から、適切な食事管理や下剤による調整を行います。この動画では、排便のメカニズムや排便コントロールについてわか

2020/11/17