1. トップ
  2. 看護記事
  3. 診療科から探す
  4. がん
  5. がんの検査・治療全般
  6. 第47回 治療の決め手になるもの

【連載】患者の語りから学ぶ 看護ケア

第47回 治療の決め手になるもの

  • 公開日: 2016/10/28

医療者が患者の治療・ケアを行ううえで、患者の考えを理解することは不可欠です。
そこで、患者の病いの語りをデータベースとして提供しているDIPEx-Japanのウェブサイトから、普段はなかなか耳にすることができない患者の気持ち・思い・考えを紹介しながら、よりよい看護のあり方について、読者の皆さんとともに考えてみたいと思います。


患者さんは様々なことを勘案して、治療を決めます。医療者にとって見えやすい、5年生存率などの「エビデンス」や「医師の勧め」、「その施設でその治療ができるかどうか」などが、患者さんの治療選択の決め手になることもあります。しかしその一方で、家族のことや仕事のこと、ご自身の好みなども、治療を決める時には非常に重要な要素です。

本人の好みや価値観を優先して、治療法を決める

この男性は、主治医から80代という年齢を考慮して経過観察か保存療法を勧められたのですが、あえて手術を選びました。

83歳で前立腺がんの診断を受け手術を選んだ男性(インタビュー時87歳)

83歳で前立腺がんの診断を受け手術を選んだ男性の写真
(この語りはテキストのみです。画像をクリックすると患者さんの語りの全文が読めます)

病気と仲よく暮らそう、(自分の)患者さんには、腎臓の病気の人によくそういうことを申し上げるんですけども、自分のがんのときに、がん細胞と仲良く暮らすというのは「江戸っ子の俺に性にゃあ合わねえや」と。(中略)
で、「80歳以上の人の生存率は、手術と他の療法との差がないのは、それは昔の統計であって、今は100歳まで生きる人がたくさんおられるんだから、100歳まで生きた人にがんを切らなかった人と切った人との差がなければ、それは私も承服するけど、ただ単に10年生存率が変わらないというんであれば、それはよくわかりませんから、とにかく私は切ってください」と。「それでは、初めての経験だけども、まあ先輩を立てて切りましょう」ということで、取り除いてくださったんです。

「NPO法人 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン 前立腺がんの語り」より

80代でも現役医師として活躍されていたこの方は、これまで自分がかかわった腎臓病の患者さんに対しては、病気と仲良く過ごすことを勧めてきました。しかし、自分がいざがんになってみると病気と仲良く暮らすのは「性に合わない」と言い、手術を希望されています。江戸っ子の気性に合わないという理由もあります。また、80歳以上では手術しなくても生存率に差がないというエビデンスは単なる一般論に過ぎず、ご自身のような元気な(「100歳まで生きる」可能性のある)高齢者には当てはまらないと考えたからです。

61歳で前立腺がんの診断を受け、小線源療法を選んだ男性(インタビュー時62歳)

61歳で前立腺がんの診断を受け、小線源療法を選んだ男性のインタビュー動画

もう、予約をずうっと入れちゃっているんですね、私の仕事の場合は。予約が1年先まで入っている。そうするとね、摘出手術だと1ヶ月。それからその先、おしっこがうまく止まらない、というようなことは、ちょっと耐えられないし、考えられないのですよね。そうすると、日常の仕事を続けていきながらというのはもう絶対考えなきゃいけない選択肢でした。
それでやれるのは何だろうか。そうなると放射線が出てくるわけですけども、外から照射をしてもらう、位置決めをして…何十回と通わなきゃいけない。連続してね、毎日照射しなきゃいけないよということがありますのでね。中途半端に仕事を続けるということできない状況なわけですから、「廃業しました」はまだ言いたくない。とすると、数日仕事を休むだけで、そのまま社会復帰できる。平常どおり、今までどおり仕事を続けられることっていうのは大事だよね、ということなんですね、はい。

「NPO法人 健康と病いの語り ディペックス・ジャパン 前立腺がんの語り」より

この方にとって治療選択で重要だったのは、「今まで通り仕事が続けられること」でした。この中では触れられていませんが、本を読み、複数の医師の意見を聞いたうえで、経過観察も含めた複数の選択肢の中から、ご自身の仕事を優先した治療選択をされています。

お二人のように、治療の選択には、様々な要素が関係してきます。生存率などのエビデンスも重要ですが、ご本人の好みや、仕事・家族など生活に関する希望が治療の決め手になることもあるでしょう。看護職は、ご本人が大事にしたいものが治療選択に反映されているか、多様な視点から意思決定を支援することが求められています。


「健康と病いの語り ディペックス・ジャパン」(通称:DIPEx-Japan)
英国オックスフォード大学で作られているDIPExをモデルに、日本版の「健康と病いの語り」のデータベースを構築し、それを社会資源として活用していくことを目的として作られた特定非営利活動法人(NPO法人)です。患者の語りに耳を傾けるところから「患者主体の医療」の実現を目指します。

この記事を読んでいる人におすすめ

カテゴリの新着記事

肺がんゲノム医療の新たな展開 ~RET融合遺伝子陽性肺がんに対する新薬の登場~

肺がんゲノム医療の新たな展開~RET融合遺伝子陽性肺がんに対する新薬の登場~ 国立がん研究センター東病院 呼吸器内科 後藤功一先生  肺がんは、日本における部位別がん死亡数の第1位です。患者数が多いことで分子標的治療薬や免疫チェックポイント阻害薬などの治療が進歩してき

2022/6/8

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
4位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
5位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
6位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001
7位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
8位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
9位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
10位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501