1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排痰
  5. スクイージング
  6. 【動画】第9回 呼吸介助手技ー介助ハッフィング(重度障害児者のケース)

【連載】重度の障害児者の方への呼吸介助

【動画】第9回 呼吸介助手技ー介助ハッフィング(重度障害児者のケース)

  • 公開日: 2017/3/16
  • 更新日: 2021/1/6

主気管支まで痰が上がってきたら、介助でハッフィングを促すと、吸引しやすい位置まで痰を上げることができます。


ハッフィングのポイント

1 上葉にある含気を使って、下気道を上がってきた分泌物を上気道へ誘導する
2 呼気がはじまる瞬間か、もしくは呼気がはじまったら、上部肋骨を浅く早く押し下げて、分泌物を押し上げる
3 リフティングやタッピングを実施して、吸引後の無気肺の合併を防止する

実施にどのように実施するとよいかは動画でチェック!

この動画を見るにはログインが必要です

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[動画]爪囲炎のテーピング方法|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

セツキシマブ(アービタックス®)を使用した際の特徴的な副作用である皮膚症状の1つ、爪囲炎の対処法について解説します。 爪囲炎は、投与開始後4〜8週を目処にみられることが多いとされています。 爪囲炎がみられたら、爪と肉芽や爪の皮膚が接触しないようテーピングを行い、保

2020/8/25