1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 排痰
  5. スクイージング
  6. 【動画】第8回 呼吸介助手技ーバウンシング(重度障害児者のケース)

【連載】重度の障害児者の方への呼吸介助

【動画】第8回 呼吸介助手技ーバウンシング(重度障害児者のケース)

  • 公開日: 2017/3/12
  • 更新日: 2020/3/26

呼吸のリズムに合わせる必要はありません。動かしやすい方向にバウンドさせるように動かしていきます。少しずつ、実施する部位を広げていきます。


バウンシングのポイント

1 呼吸のリズムに合わせる必要はない
2 動きやすい方向にバウンドさせるように動かす
3 肋間筋機能を刺激して肋骨の挙上がしやすいようにする
4 両側行う
5 動きやすい方向を見つけながら、少しずつ動きを広げていく、動きが広がったら、位置をずらして、同じように動きを広げていく

実際にどのように行うのか動画でチェック!

この動画を見るにはログインが必要です

新着

[動画]爪囲炎のテーピング方法|セツキシマブ投与で起こる副作用【PR】

セツキシマブ(アービタックス®)を使用した際の特徴的な副作用である皮膚症状の1つ、爪囲炎の対処法について解説します。 爪囲炎は、投与開始後4〜8週を目処にみられることが多いとされています。 爪囲炎がみられたら、爪と肉芽や爪の皮膚が接触しないようテーピングを行い、保

2020/8/25