1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. パーキンソン病患者の転倒対策 環境を工夫して安全な暮らし【PR】

【連載】日本パーキンソン病・運動障害疾患学会 第5回PDナース研修会レポート

パーキンソン病患者の転倒対策 環境を工夫して安全な暮らし【PR】

  • 公開日: 2018/2/14
  • 更新日: 2021/1/6
  • # 注目ピックアップ
  • # 神経疾患

パーキンソン病は、進行とともに姿勢保持や歩行の障害、認知機能の低下などを生じます。疾患への理解を深め、適切に看護できる人材の育成を目的に、日本パーキンソン病・運動障害疾患学会が主催となり、「PDナース研修会」が開かれています。2017年10月28日には、東京品川で行われた「第11回パーキンソン病・運動障害疾患コングレス」において、「第5回PDナース研修会」が開催されました。2本の講演と事例検討をレポートします。

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

第3回 オピオイド誘発性便秘症(OIC)看護のポイント【PR】

オピオイド鎮痛薬による副作用のひとつにオピオイド誘発性便秘症(OIC)があります。OICに苦しむ患者さんに適切なケアを行うために、オピオイド鎮痛薬導入前の観察ポイント、オピオイド鎮痛薬使用中の排便コントロール、患者さんへの説明、精神的サポートについて解説し

2020/12/25