1. トップ
  2. 看護記事
  3. ニュース
  4. 厚生行政ニュース
  5. [救急医療] 8月5日~11日の熱中症による救急搬送者数1.2万人 消防庁

【連載】MC+(厚生行政ニュース)

[救急医療] 8月5日~11日の熱中症による救急搬送者数1.2万人 消防庁

  • 公開日: 2019/8/19
  • 更新日: 2021/1/6

消防庁が8月13日に公表した、8月5日~11日の「熱中症による救急搬送人員数(速報値)」によると、熱中症による救急搬送人員数は1万2,751人で、前年に比べて4,110人多かった。4月29日からの累計では、4万9,176人(前年比3万14人減)となった。
>> 続きを読む


 年齢区分別の搬送人員と構成比は、乳幼児(生後28日以上7歳未満)88人(0.7%)、少年(7歳以上18歳未満)1,174人(9.2%)、成人(18歳以上65歳未満)4,486人(35.2%)、高齢者(65歳以上)7,003人(54.9%)となり、高齢者が半数を占める状況が続いている。
 
 初診時の傷病程度は、軽症7,632人(59.9%)、中等症4,554人(35.7%)、重症400人(3.1%)、死亡23人(0.2%)などとなった。

(厚生政策情報センター)

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

[介護] 介護サービス基本報酬、4月から引き上げ 社保審・介護給付費分科会

NEW

 社会保障審議会・介護給付費分科会は18日、2021年度からの新たな介護報酬の単位について審議し、改定率プラス0.7%を踏まえて「全てのサービスの基本報酬を引き上げる」ことを前提に見直しを行った。 訪問介護費の基本報酬では、「身体介護20分未満」が現行166単位から167単位に、

2021/1/21