1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. 口腔ケア
  5. 【書籍紹介】口腔外科医が書いた ナースのための がん患者の口腔マネジメント―周術期から終末期まで―

【書籍紹介】口腔外科医が書いた ナースのための がん患者の口腔マネジメント―周術期から終末期まで―

  • 公開日: 2019/11/25

がん患者さんの口腔ケアに悩んでいませんか

 がん患者さんたちは、がん治療の副作用やがんの進行に伴い、口腔粘膜炎や口腔乾燥症など、さまざまな口腔合併症を発症し、食べたり、話したりすることに苦労している人も多くいます。

 口腔は消化器、運動器、感覚器、呼吸器であり、QOLに直結しています。そこに障害が起きると食べる喜びや話す楽しみが奪われることになり、患者さんの闘病意欲やQOLを低下させます。さらに食べられない、飲めないことによる低栄養で、治療が完遂できないこともあります。

 口腔合併症で苦しむ患者さんを前に、看護師としてできることは何でしょうか。あなたの施設に歯科口腔外科があれば、そこにコンサルテーションをすることも可能かもしれません。しかし残念なことに、歯科口腔外科がある施設は多くはありません。

 著者は金沢で歯科医院を開業するとともに、口腔外科医として後輩の指導にあたっています。また平成8年から、石川県済生会金沢病院の緩和ケア病棟で、ボランティアとして、終末期がん患者さんの口腔症状の診断や治療、ケアのアドバイスを行っています。本書はそこで看護師から、「がん患者さんの口腔ケアをしたいけれど、何から、どうやって手をつけたらよいのかわからない」、「口腔ケアをがんばってやったのに、どうもうまくいかない」などの相談を受けた経験を基に、がん患者さんの口腔合併症のケアにあたる看護師のために、その知識と解決策をまとめたものです。

口腔ケアと口腔マネジメントはどう違うのか

 本書では、「がん患者の口腔合併症とはなにか」という基本的なことから解説し、看護師が日常のケアとして行う「口腔ケア」と、「口腔マネジメント」との違いを説いています。つまり口腔ケアとは、本来ならセルフケアとして行う、生活における口腔清潔や食事の準備などを意味する生活面での口腔のケアです。

 これに対し、がん患者さんの口腔マネジメントを著者は、「がんによる合併症としての口腔疾患に対する治療とケアを包括する『口腔全体の管理』のことであり、口腔合併症を緩和してがん患者を支える、支持療法の一つ」と言います。
 著者は実際に緩和ケア病棟に出向き、看護師へ口腔マネジメントの指導にあたっているだけあり、看護師の日常看護業務の多忙さもよく知っています。できるだけ少ない時間で効率よく口腔マネジメントを行うために、ポイントをおさえたアセスメントができ、フローチャートをたどれば診断と対策に簡単にたどりつけるように、シンプルな対応術を提案しています。

 そして、がん患者さんの主な口腔合併症ごとに、病態生理からアセスメント、マネジメントまでわかりやすく解説されています。例えば口腔粘膜炎であれば、発生機序がイラストで示され、口腔粘膜炎を起こしやすい抗がん剤、症状が説明されています。

 さらに各項目をチェックするだけでアセスメントができる、口腔合併症ごとのアセスメントシートが掲載されており、これをコピーすればすぐにベッドサイドで使えるところが、本書の特徴であると言えるでしょう。

 この他にも唾液、口渇と口腔乾燥、摂食・嚥下、歯科との連携など、基礎知識として必要なものが、コラムとしてまとめられており、巻末付録の「入れ歯のはなし」は、義歯の構造から着脱方法、清掃方法、管理方法までイラストでわかりやすく解説されているなど、口腔マネジメントを行うには、まさにかゆいところに手が届く、かなり詳細でわかりやすい一冊です。


著:杉 政和
発行:インターアクション
定価:2,700円+税
ページ数:156ページ

カテゴリの新着記事

早期に発見して皮膚障害の重症化を防ぐ ―がん研究会有明病院での抗がん剤治療における皮膚科連携の実際―【PR】

抗EGFR抗体薬を併用した抗がん剤治療では、ざ瘡様皮疹や爪囲炎など、特徴的な皮膚障害が発現することがあります。これらの皮膚障害は、適切なケアで重症化を防ぐことが重要ですが、どこまで外来で対処すればよいのか、皮膚科への適切なコンサルの時期はいつなのかについては、よく知られていま

2021/12/23

アクセスランキング

1位

看護職だからこそ!体内リズムの改善で生活の「質」を高めよ

◆睡眠の「質」が生活の「質」及ぼす影響とは? 体内リズムが生活全般に影響  人生の3分の1を占めるといわれる「睡眠」ですが、日本人の5人に1人は睡眠に対し、不眠などの悩...

246995
2位

【事例5】末期・終末期にある患者の看護 ~最期まで自宅で

※「事例アセスメント」以下の閲覧はログイン(登録無料)が必要です。 事例紹介  Eさん、70歳代後半、男性 既往歴  陳旧性心筋梗塞〔冠動脈バイパス術(CABG)+経皮的冠...

247796
3位

―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性

2018年12月3日、獨協医科大学(栃木県下都賀郡)にて、「―知覚・痛覚定量装置―PainVisionの運用と有用性」セミナーが開催されました。 獨協医科大学麻酔科学講座の山口重樹先生の...

249111
4位

高齢者の低栄養を防ぐために! 入院前から退院後まで視野に

福岡大学病院では、多職種からなる栄養サポートチーム(NST)が、全科を横断して患者さんの栄養管理を行っています。また同院では、入院前から退院後までを視野に入れた継続的な栄養管理を目指し...

249515
5位

-在宅高齢者の低栄養を防ぐ- 継続的な栄養管理を実現する

【インタビュー】情報共有によって利用者さんの栄養状態を支える 島田雅子さん福寿会 福岡クリニック(在宅療養支援診療所) 看護師長代理 高齢者の低栄養状態は、QOLのみならず生命予後にも...

249716
6位

高齢者の低栄養を防ぐ! 病棟から地域まで、患者さんに栄養

高齢者の低栄養状態は、疾患からの回復を妨げ、悪化や再発につながります。そこで最近では、入院患者さんに早い時期から栄養アセスメントを行う医療施設が増えています。 しかし、入院中は良好に保たれた...

249873
7位

モンスターペイシェントへの7つの対応方法

患者さんからの暴力・暴言を見かけたことがある人もいるのではないでしょうか。今回は、モンスターペイシェントについて解説します。 ▼看護師のコミュニケーションとマナーについて、まとめ...

251114
8位

希釈液の濃度計算を攻略する!

【関連記事】 * 簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法 * リンゲル液、乳酸リンゲル液、酢酸リンゲル液の違いは? * 【問題2】抗生剤と生食50mlを、30分間 成人用ルー...

249699
9位

摘便とは|適応・禁忌・手順・コツ〜根拠がわかる看護技術

【関連記事】 ●グリセリン浣腸の目的と手順【マンガでわかる!看護技術】 ●第8回 腹部膨満を訴える患者さんのアセスメント(排ガスの有無など) 摘便とは  摘便とは、自然...

249674
10位

陰部洗浄の目的・手順・観察項目〜根拠がわかる看護技術

*2020年4月16日改訂 関連記事 * おむつ交換のたびに陰部洗浄は必要? * 膀胱留置カテーテル 陰部洗浄・挿入・固定のコツ * 在宅療養におけるオムツ使用と陰部洗浄について知...

249675