1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第1回 カテーテルの種類(中心静脈カテーテル、末梢静脈カテーテルについて)

【連載】看護師のための輸液講座

第1回 カテーテルの種類(中心静脈カテーテル、末梢静脈カテーテルについて)

  • 公開日: 2009/3/8
  • # 注目ピックアップ
  • # カテーテル全般

カテーテルの分類

この輸液管理のセッションを担当することになりました、医療法人川崎病院外科の井上善文です。よろしくお願いします。
輸液管理を理解するためには、輸液を投与するためのカテーテルについて知っておかなければなりません。
そこで、第1回のタイトルとしては『カテーテルの分類』としました。当然ご存じと思いますが、カテーテルは、末梢静脈カテーテルと中心静脈カテーテルの2つに大きく分けられます。

末梢静脈カテーテルの分類と使い分け

末梢静脈カテーテルは、翼付静脈注射針(翼状針: winged steel-needle)とプラスティックカニューレ型静脈内留置針(留置針: over-the-needle catheter)に分けられます。
両者とも持続点滴を行う場合に使いますが、安全性の面からは留置針を使うべきです。
しかし、数時間単位での持続点滴の場合には翼状針が選択される場合もあります。
針刺し防止対策機構がついた翼状針や留置針がよく使われるようになってきています。

中心静脈カテーテルの種類

中心静脈カテーテルをIVHと呼んでいる施設がまだかなり多いようです。
IVHはintravenous hyperalimentationの略で、catheter(カテーテル)という用語は含まれていない、海外ではIVHという用語自体使われていない、のが現状です。
中心静脈カテーテルは、英語ではcentral venous catheterですので、CVCまたはCVという呼称に変更するべきでしょう。中心静脈カテーテルにも、いろんな種類があります。
まずは、短期留置用と長期留置用に分けられます。
長期留置用としては、いわゆるポート(完全皮下埋め込み式カテーテル:totally implantable subcutaneous infusion port)が広く普及しています。

中心静脈カテーテルの種類

また、体外式長期留置用カテーテルであるHickman catheterやBroviac catheterも使われています。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

CVポート・CVカテーテル-造設・挿入と観察のポイント

CVポートとは  CVポート(皮下埋め込み型中心静脈アクセスポート)とは、中心静脈カテーテルの一部で、抗がん剤や高カロリー輸液の投与に使用します。  IVHカテーテル(中心静脈カテーテル)と違い、末梢を直径2~3cmのリザーバータンク(ポート)に接続し、外科的

2017/5/14

第10回 PICCとは?看護師のための輸液講座

輸液管理に関する最近の話題としては、どうしても、このPICCを取り上げる必要があります。まだそれほど普及してはおりませんが、償還価格の問題が解決すれば、一気に使用する施設が増えるはずです。 PICCは何の略? このPICC、英語ではperipherally i

2009/11/10

中心静脈(cv)カテーテル|感染リスクに注意する手技の根拠

中心静脈カテーテルは、患者さんにとって侵襲の高いものです。 感染症などのリスクも高いため、感染予防に配慮して管理する必要があります。 このケアのリスキーポイント 末梢からの輸液ルートの確保ができない場合、あるいは、集中治療を必要とする重症患者さんの全

2016/1/16

第21回 上腕ポートについて

ポート(図1)。既に説明しましたね。使用方法、合併症、利点や欠点、などについてはもう理解していただいていると思います。 さて、ポートを使う目的は何だったでしょうか?具体的なことは別にして、とにかく、ポートを使わない期間には投与ラインから解放され、さらにポート自体が皮下

2011/3/22

輸液の看護|輸液とは?種類、管理、ケア

輸液ケアを行うときに、知っておきたい知識が得られる記事をまとめました。 輸液ケアとは  輸液ケア(輸液療法)の目的には、主に蘇生、生命の維持、栄養の補給の3つがあります。輸液は開始後ずっと同じものを投与しつづけるわけではなく、病態や疾患の悪化・回復に合わせて、

2016/11/3

カテゴリの新着記事

<オンラインセミナー>がん治療における皮膚障害のケアに強くなろう!【PR】

2021年2月18日・24日に第一三共ヘルスケア・ナース専科共催セミナー「がん治療における皮膚障害のケアに強くなろう! <基本編><実践編>」が開催されました。 <基本編>ではがん治療における皮膚障害がなぜ起こるのか、そのメカニズムや種類、予防法について紹介され、ケアの

2021/5/14