1. トップ
  2. 看護記事
  3. 医療・看護技術から探す
  4. カテーテル
  5. 中心静脈カテーテル
  6. CVポート・CVカテーテル-造設・挿入と観察のポイント

【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識

CVポート・CVカテーテル-造設・挿入と観察のポイント

  • 公開日: 2017/5/14

【関連記事】
* ヘパリンロックとは? 正しい手順・量・フラッシュについて
* 【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識
* 【マンガでわかる!】CVカテーテル、なぜ医師はピリピリする?


CVポートとは

 CVポート(皮下埋め込み型中心静脈アクセスポート)とは、中心静脈カテーテルの一部で、抗がん剤や高カロリー輸液の投与に使用します。

 IVHカテーテル(中心静脈カテーテル)と違い、末梢を直径2~3cmのリザーバータンク(ポート)に接続し、外科的処置にて皮下に埋没させます。ポートの中心にはセプタムと呼ばれるシリコンゴムが埋め込まれており、ヒューバー針と呼ばれる専用の針を皮膚の上から刺入し、カテーテルを通じて中心静脈内に薬液を注入します(図1)。

CVポート説明図

 カテーテルの刺入部は鎖骨下静脈や内頸静脈、または抹消静脈や大腿静脈のこともあります(図2)。ポートの位置はカテーテルを刺入した部位の近くのほか、前胸部または上肢や下肢の場合もあります。どこに埋め込まれているか確認しておきましょう(図3)。鎖骨下静脈からの刺入の場合は、ピンチオフ(カテーテルを鎖骨と第一肋骨の間に挟み込みカテーテルを閉塞・損傷すること)に注意します(図4)。

カテーテルの刺入部の説明図

カテーテルの挿入部とポート本体の埋め込み位置説明図

ピンチオフ

 血管刺激性の強い薬剤を末梢血管から投与した場合、血管炎、腫脹や疼痛などが起こることがありますが、CVポートのカテーテルは中心静脈に挿入されているため、これらの血管刺激性に影響されることなく、安定的な持続的投与が可能となります。

CVポートの穿刺と抜去

 生食20mLシリンジと接続したヒューバー針内を薬剤で満たし、クランプで止めておきます。2.5~5mLシリンジでは高圧になり、ポートやカテーテルを損傷することがあるため、注意が必要です。

 刺入部を消毒し、CVポート周囲を触り中心位置を確認します。ヒューバー針を利き手に持ち、セプタムに対して垂直に刺し、タンクの底まで進めコツっとした感覚があるまで針を挿入します。刺入状態がよくないと薬剤が漏出することがあります。また、ポートの周囲にはカテーテルがあり、ポートから外れて刺入すると事故につながるため、細心の注意を払います。

 吸引して血液の逆流を確認し、クランプで止めておきます。穿刺に問題がないか、針の閉塞がないか観察した後、ルートを接続して滴下が良好なことを確認します。ヒューバー針の下に針が安定するような厚さで滅菌ガーゼをはさみ、翼状部の上から一緒にドレッシング材を貼付します。

 抜去する際は、使用中のヒューバー針をヘパリン入り生食で洗浄(フラッシュ)した後に行います。ヒューバー針が外れてしまわないよう固定しながら、CVポートの上に貼付されているドレッシング材をはがし、垂直に上げて抜針し、止血したことを確認します。

CVポートの観察ポイント

 薬剤漏出や低栄養状態、皮下感染によって潰瘍が形成されることがあります。ヒューバー針固定部・CVポート周囲の疼痛、腫脹、出血、発赤などの局所性炎症反応に注意します(図5)。また、敗血症などの全身性炎症反応をバイタルサインで観察することも大切です。無菌操作のミスが感染の原因となるため、無菌操作は慎重に、ミスなく行うよう徹底します。

潰瘍の形成

 CVポートの長期間留置によりカテーテル周囲や内部に血栓が生じ、血栓症を起こすこともあります。CVポートカテーテルが閉塞していないか、カテーテル先端の位置に異常がないか、薬剤の滴下に問題がないか、ヒューバー針固定部は問題がないか、輸液ポンプは正常に動作しているか、輸液セット各部の接続は緩んでいないか、ルートに折れや閉塞、血液の逆流や気泡が混入していないかも確認します(図6)。

輸液セットの確認事項図

CVカテーテルのタイプと取り扱い

 カテーテルの先端には主に2つのタイプがあります。1つは、カテーテルの側面に側孔(スリット)が入っているグローションタイプ(図7)です。薬剤注入時や血液吸引時に側孔が開き、薬剤が血管内に流入します。通常、側孔は閉塞しているため、血栓による閉塞が起こりにくいというメリットがあります。

グローションタイプの詳細説明図

 もう1つは、先端が開放されている一般的なタイプのカテーテルで、オープンエンドタイプ(図8)です。オープンエンドタイプでは、逆流した血液が閉塞を招く危険性が高いことから、閉塞が起こっていないか、血流の逆流がみられないか必ず確認します。

オープンエンドタイプの説明図

薬剤注入後の注意点

 薬剤注入後、ポートやカテーテル内に薬剤が残ることがあります。残った薬剤が他の薬剤と混ぜ合わさると、ポートやカテーテル内で結晶化し、閉塞する可能性が高くなります。そのため、20mL以上の生食でポートとカテーテル内をフラッシュしロックします。

 ロックに使用する薬液は、カテーテルのタイプにより変わります。血栓が形成されにくいグローションタイプでは、ヘパリンは使用せず生食で行います。オープンエンドタイプでは、逆流した血液により閉塞を招くおそれがあるため、ヘパリン加生食でフラッシュおよびロックを行います。


【関連記事】
* ヘパリンロックとは? 正しい手順・量・フラッシュについて
* 輸液ライン(点滴ライン)作り方 9ステップ
* 【連載】ナースのための消化器ケアに役立つ基礎知識
* 【マンガでわかる!】CVカテーテル、なぜ医師はピリピリする?

* カテーテルの種類(中心静脈カテーテル、末梢静脈カテーテルについて)

この記事を読んでいる人におすすめ

チューブ・カテーテルのルート交換頻度ってどれくらい?

末梢静脈ルート、中心静脈カテーテル、胃管チューブなど各種ルートはどれくらいの頻度で交換するのがよいのでしょうか。感染管理の面からも、交換のタイミングは大切になります。根拠とともに、それぞれのルートの交換のタイミングを知っておきましょう。 Q. 末梢静脈ルート、中心静

2012/4/23

【マンガでわかる!】CVカテーテル、なぜ医師はピリピリする?

CVカテーテルを入れるとき、いつもはやさしくて紳士的な医師が、急にピリピリすることがあります。今回は、その理由を解説しましょう。 医師が急にピリピリしてしまう理由 「ねじ子のヒミツ手技」の著者は、CVカテーテルについて以下のように言っています。 刺すべき静脈

2014/3/9

中心静脈(cv)カテーテル|感染リスクに注意する手技の根拠

中心静脈カテーテルは、患者さんにとって侵襲の高いものです。 感染症などのリスクも高いため、感染予防に配慮して管理する必要があります。 このケアのリスキーポイント 末梢からの輸液ルートの確保ができない場合、あるいは、集中治療を必要とする重症患者さんの全

2016/1/16

【中心静脈カテーテル】消毒方法とドレッシング材の使い方・交換手順

中心静脈ルートにおける感染は、致死的な敗血症の原因となる場合もあり、ドレッシング材などの管理は大切です。ドレッシング材の交換とその手順について、正しい知識を学んでいきましょう。 Q 留置部位のドレッシング材交換は、定期的に行うべきですか? ※A NO

2015/11/26

第13回 totally implantable central venous access port:ポートについて

在宅静脈栄養や化学療法施行のために、ポートが非常によく用いられるようになってきています。それに伴って、さまざまな合併症の発生件数が増えています。特に化学療法を施行するためのポートにおいて合併症が多いようです。要するに、ポートのことを深く理解することなく、便利だから、という

2010/4/8

カテゴリの新着記事

中心静脈カテーテルの挿入方法と看護のポイント

中心静脈カテーテルを挿入する目的 血管作動薬(カテコラミン、血管拡張薬など)の投与 循環管理のため中心静脈圧の測定 末梢血管での血管確保が困難な場合 高カロリー輸液を行う場合 血液透析時のブラッドアクセス 各挿入部位のメリット・デメリット 表 各挿入

2021/10/31

アクセスランキング

1位

サチュレーション(SpO2)とは? 基準値・意味は?低下

*2019年3月11日改訂 *2017年7月18日改訂 *2021年8月9日改訂 発熱、喘息、肺炎……etc.多くの患者さんが装着しているパルスオキシメータ。 その測定値である...

249818
2位

簡単! 楽ちん! 点滴の滴下数計算 2つの方法

皆さんご存知の通り、点滴指示書には様々な書き方があります。 よくあるパターン ●流速が書かれている (例)「○○輸液500ml 60ml/h」 ●1日の総量が書かれている (例)...

251296
3位

看護問題リスト・看護計画の書き方|看護記録書き方のポイン

ここでは一般的な看護記録を解説しています。また、看護診断名にNANDA-I看護診断を使用しています。実際の記録は院内の記録規定に従いましょう。 【関連記事】 *看護計画の「観察項目...

249544
4位

術前・術後の看護(検査・リハビリテーション・合併症予防な

患者さんが問題なく手術を受け、スムーズに回復していくためには、周手術期をトラブルなく過ごせるよう介入しなければなりません。 術前の検査  術前は、手術のための検査と、手術を受ける準備を...

249741
5位

心電図でみる心室期外収縮(PVC・VPC)の波形・特徴と

心室期外収縮(PVC・VPC)の心電図の特徴と主な症状・治療などについて解説します。 この記事では、解説の際PVCで統一いたします。 【関連記事】 * 心電図で使う略語・...

250751
6位

第2回 小児のバイタルサイン測定|意義・目的、測定方法、

バイタルサイン測定の意義  小児は成人と比べて生理機能が未熟で、外界からの刺激を受けやすく、バイタルサインは変動しやすい状態にあります。また、年齢が低いほど自分の症状や苦痛をうまく表現できません。そ...

309636
7位

転倒転落リスクに対する看護計画|高齢で転倒の恐れがある患

高齢の転倒転落リスクに関する看護計画 加齢に伴い筋力や平衡感覚などの身体機能が低下することに加えて、疾患やそれに対する治療、使用する薬剤の副作用、入院環境などさまざまな要因で転倒や転落しやすくな...

313501
8位

心不全の看護|原因、種類、診断、治療

*2020年4月30日改訂 心不全とは  生活習慣病やさまざまな基礎疾患、加齢などが原因となり、心機能、特に多いのは左心室のポンプ機能が低下することで起こります。心臓のポンプ機能の代償...

249812
9位

【血液ガス】血液ガス分析とは?基準値や読み方について

血液ガス分析とは?血液ガスの主な基準値 血液ガス分析とは、血中に溶けている気体(酸素や二酸化炭素など)の量を調べる検査です。主に、PaO2、SaO2、PaCO2、HCO3-、pH, ...

249974
10位

吸引(口腔・鼻腔)の看護|気管吸引の目的、手順・方法、コ

*2022年6月7日改訂 *2020年3月23日改訂 *2017年8月15日改訂 *2016年11月18日改訂 ▼関連記事 気管切開とは? 気管切開の看護 吸引とは...

250001