1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第13回 totally implantable central venous access port:ポートについて

【連載】看護師のための輸液講座

第13回 totally implantable central venous access port:ポートについて

  • 公開日: 2010/4/8
  • # 注目ピックアップ
  • # 中心静脈カテーテル

在宅静脈栄養や化学療法施行のために、ポートが非常によく用いられるようになってきています。それに伴って、さまざまな合併症の発生件数が増えています。特に化学療法を施行するためのポートにおいて合併症が多いようです。要するに、ポートのことを深く理解することなく、便利だから、という理由で見よう見まねで使っている方が多いから、こういう問題が行っているのです。
そこで、今回は、ポートについて、基本的な事柄から解説することにします。


ポートとは?

まず、ポート、ポート、と軽いタッチでこの用語を使っておられるようですが、正式な用語を知ってからこのポートという略語を使っておられるのでしょうか?英語ではタイトルに示しているように、totally implantable central venous access portで、完全埋め込み式中心静脈ポートという日本語が適しているように思います。かつては、totally implantable subcutaneous infusion portという英語が使われていたようです。日本語では、すべてを省略して『ポート』と呼ばれるようになってきました。これもかつては、『リザーバー』と呼ばれていたのです。
ここで考えておかなくてはならないのは、この器具は、カテーテルとポートから構成されているということです。

ポートの構成

それなのにポートだけが名称として用いられていますので、使い分けが難しいことに注意が必要です。いつも気になっているのですが、カテーテルは『入れる、挿入する』のですが、ポート部分は『埋め込む』のです。不要になったり合併症が起こったりした場合は、カテーテルを『抜く、抜去する』のですが、ポートは『取り出す、摘出する』のです。こういうしょうもないことで、日本語にうるさい私はいつも悩むのです。 断面を図2に示しますが、すべて英語を日本語に訳すと、変な訳になってしまうように思います。とりあえず、カテーテルとポートから構成されていて、シリコーンゴムで作られた針を刺す部分はセプタムと呼ぶようにした方がいいと思います。内腔はinterior chamber と呼ばれますが、ま、内室と訳しましょうか?カテーテルとポートとセプタムくらいは知っておいたほうがいいと思います。

>> 続きを読む

この記事を読んでいる人におすすめ

CVポート・CVカテーテル-造設・挿入と観察のポイント

ul.section-nav{display:none;} CVポートとは CVポートの穿刺と抜去 CVポートの観察ポイント CVカテーテルのタイプと取り扱い 薬剤注入後の注意点 CVポートとは  CVポート(皮下埋め

2017/5/14

第10回 PICCとは?看護師のための輸液講座

輸液管理に関する最近の話題としては、どうしても、このPICCを取り上げる必要があります。まだそれほど普及してはおりませんが、償還価格の問題が解決すれば、一気に使用する施設が増えるはずです。 PICCは何の略? このPICC、英語ではperipherally i

2009/11/10

輸液の看護|輸液とは?種類、管理、ケア

輸液ケアを行うときに、知っておきたい知識が得られる記事をまとめました。 輸液ケアとは  輸液ケア(輸液療法)の目的には、主に蘇生、生命の維持、栄養の補給の3つがあります。輸液は開始後ずっと同じものを投与しつづけるわけではなく、病態や疾患の悪化・回復に合わせて、

2016/11/3

第11回 ヘパリンロックと生食ロックについて

日常の輸液管理において、やはり、へパリンロックについての知識は必要です。というか、問題となっているのは、へパリンロックをしなくても生食でロックしておけばいいのではないか、ということですね。ナースの方々もこの問題については興味があると思います。今回は、へパリンロックか、生食

2009/12/22

第4回 【点滴】輸液ラインの中に気泡を見つけたらどうする?

輸液ラインに気泡が入ったらどうなる? 4月になり、桜の花も散り・・・と思っていたら、あっという間に初夏になっております。病棟には新人ナースが配属され、なんとなく若返っている?そんな雰囲気になっております。そう、『若返っている』なんていう表現をすると、先輩ナース達に叱られ

2009/5/20

新着

血管造影室での患者さんの寒さ対策はどうしている?―血管造影室に働いている看護師100名のアンケート結果から見えることー【PR】

2020年12月にナース専科の会員で血管造影室に働いている方を対象に、血管造影室の患者さんの寒さ対策についてアンケートを行いました。100人の回答から見えてきた寒さ対策への課題と工夫についてご紹介します。 約6割以上の看護師が「血管造影室では半数以上の患者さんが寒さを訴えて

2021/2/19