1. トップ
  2. 看護記事
  3. 注目ピックアップ
  4. 第1回 20代で是非チャレンジしたい 海外医療現場での有給インターンシップ

【連載】海外留学のススメ

第1回 20代で是非チャレンジしたい 海外医療現場での有給インターンシップ

  • 公開日: 2013/3/18
  • 更新日: 2020/10/22

看護インターンシッププログラムのポイントを、参加者の看護師に直接インタビューしました。


看護インターンシッププログラムのポイント

  1. 英語力『0』からでも大丈夫。憧れの英語がペラペラに!? 生活や仕事の中でヨーロッパ人の友達やアジアの友達ができた。みんなと喋れるようになって、連日パーティー♪たくさんの出会いの中で英語力もグンッとUP! 医療現場で使う生の医療英語力のGETはもちろんのこと、喋れるようになったことで、素敵な外国人の彼氏もGETしちゃった!
  2. 信じられないくらい世界が広がった! 世界150ヵ国以上から人々が集うオーストラリア。フランス、ドイツ、韓国、中国、コロンビア、フィリピンなど、今まで知らなった国の友達も沢山!! 一緒に暮らして働いて、世界中の看護の話しも聞きつつ、オーストラリアの看護に触れつつ、様々な文化や価値観に触れられた!こんな楽しい時間の過ごし方があるなんて知らなかった!
  3. 海外の看護師の就労体制ってすごい! インターンシップは有給!高時給で、月給30万円以上も夢じゃない!!しっかり稼げるから、遊びも旅行も楽しみながらやりたいことにどんどんチャレンジできちゃう! 伸ばした英語と貯めたお金でチャレンジした世界旅行は一生の思い出♪

看護留学専任カウンセラーに聞いた、『こんな看護師さんにオススメ』

  1. 看護師の資格やキャリアを活かして、憧れの海外生活を楽しみたい!
  2. ブランクを空けずに、海外留学に参加したい!
  3. とにかく英語を喋れるようになりたい!
  4. 一般英語だけじゃなく、医療英語の習得を目指したい!
  5. 国際協力活動参加への足掛かりにしたい!

この記事を読んでいる人におすすめ

新着

【がん患者さんの認知症・せん妄ケアオンラインセミナーStep1】がん患者さんのせん妄ケア 〜入院から居宅まで〜開催のお知らせ

NEW

高齢化社会の進展に伴い、がん治療を受けるがん患者さんの高齢化も進んでいます。高齢がん患者さんには特有の合併症が多くあり、認知症やせん妄もその1つです。 がん治療開始後の認知症の悪化やせん妄の発症により、その治療機会を失するがん患者さんも決して少なくありません。認知症やせ

2020/10/23